節約

宝くじが当たる確率は?宝くじで損する理由を解説します

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

[st-kaiwa1]たまに宝くじ買うんだけど全然当たらない。宝くじで人生一発逆転出来たらなあ・・・。[/st-kaiwa1]

[st-kaiwa2 r]宝くじに当たるのって夢があるよね!でも宝くじに当たる確率は知ってるかな?[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa1]・・・。知らないけどめちゃくちゃ低そうなのは想像できるわよ。でもそこに夢があっていいんじゃない![/st-kaiwa1]

[st-kaiwa2 r]確かにそうだね。でも宝くじって実はやればやるほど損する構造になっているんだ。今回は宝くじに当たる確率やなぜ宝くじで損をするかを解説していくね![/st-kaiwa2]

 

宝くじの一等に当たる確率は?

宝くじと言ってもいくつか種類があって、その中でも商品によって内容が異なります。ここでは宝くじを3つのグループに分けてみましょう。

  • ジャンボ宝くじ等の通常くじ
  • 数字選択型宝くじ
  • スクラッチくじ

ジャンボ宝くじは一等が7億円の賞金で、一枚買って当たる確率は約2000万分の1です。「雷に当たるくらいの確率だ」と揶揄されることがあるほどものすごく低い確率です。

数字選択型宝くじで有名のものはロト6ですね。ロト6の一等賞金は2億円で、一枚買って一等が当たる確率は約610万分の1です。ジャンボ宝くじほどではないですがこちらもものすごく低い確率です。

スクラッチくじは一番身近なくじではないでしょうか?一等賞金は30万円〜1000万円とその時々により幅があります。一枚買って一等に当たる確率は約100万分の1です

これらの確率は一枚買った場合です。じゃあたくさん買えば当たる確率も上がるじゃないか!と思われると思います。確かにそれは正解です。しかし宝くじは買えば買うほど損する仕組みになっています。次にこの仕組みについて解説していきます。

 

宝くじを買えば買うほど損するカラクリ

宝くじは税金を払っているようなもの

宝くじを含むギャンブルは賭けたお金から運営元が収益として一部を引いて、残りのお金の取り合いになります。宝くじの場合は実に53%も運営元に持っていかれる仕組みになっています。つまり皆さんが宝くじを買った時点でマイナスからの勝負になっているのです。

これを揶揄して「宝くじは愚か者の税金」と言われたりします・・・。

 

他のギャンブルはどのくらい運営元に取られてるの?

その他のギャンブルはどのくらい運営元に取られているのでしょうか?いくつか挙げてみます。

  • サッカーくじ:50%
  • パチンコ:15%
  • 公営競争(競馬など):25%
  • FX:約0.3~2%(スプレッド)

こう見るとまだFXは良心的に見えてきますね・・・。ギャンブルは基本的に買った瞬間に取り分が少なくなることを覚えておきましょう

 

宝くじは買えば買うほど期待値(期待リターン)に近づいていく

先ほど紹介したように宝くじは運営元に53%持っていかれます。つまり購入者への還元率は47%で、期待リターンは−53%なのです

ギャンブルは確率論の世界なので、やればやるほど期待リターンに近づいていきます。

例えばコイン投げをする時、裏になる確率と表になる確率は半々です。しかし実際にやってみると10回投げて8回表になったりすることもあります。しかしコイン投げの回数を増やしていくといずれ表裏50%ずつに近づいていくのです。

宝くじも同じ理論で、たくさん買えばたくさん買うほど期待リターンの−53%に近づいていきます。極論を言えば、宝くじを全部買い占めたらリターンは-53%になるのです。

これが宝くじを買えば買うほど損する確率が上がる理由です。

 

宝くじが当たった際は非課税で貰えるけど他人にあげる時は注意

宝くじが当たった場合は所得税や住民税は発生しません。そのため1億円当たればそのまま1億円が丸々もらえます。

ただ、宝くじで当たったお金を他人にあげると贈与税の対象になるので注意が必要です。最大55%の税金がかかるので3000万円以上贈与する際は特に注意しましょう。共同購入などをしてあとで山分けという場合でも贈与税は適用されます。宝くじが当たった人は一生涯税務署に目を付けられるので考えてお金を使うようにしましょう。

 

宝くじは娯楽と思ってしよう!

ここまで読んでもまだ宝くじを買いたいという方は、宝くじは娯楽だと思って買うようにしましょう。お金を増やすためではなく、宝くじ当日のスリルを味わうための娯楽費と思えばまあいいでしょう。当たったらラッキーくらいに思っておけばいいと思います

 

お金を増やしたいなら資産運用を始めよう!

将来のためにお金を増やしたいのであれば資産運用が必須になります。資産運用というとプロがやるものだったり、ものすごく勉強しなければならないイメージがあるかもしれません。ですが最近はテクノロジーの発達や良質な投資信託の登場で一般人でも十分に資産運用ができるようになっています。

まったく投資の知識がない人にはロボアドバイザーのウェルスナビがオススメです。ウェルスナビは自分のリスク許容度に合わせて自動でポートフォリオ(投資対象)を決めて運用してくれます。源泉徴収対応で、減税対策も自動でしてくれます。積み立て貯金に近い感覚で始められるのでオススメです。まずはウェルスナビで少額投資しながら投資を体験してみてはいかがでしょうか?

ABOUT ME
ノマドFPヒーロー
ノマドFPとはネット上で気軽に相談出来るFP(ファイナンシャル・プランナー)=お金の相談員です。お金の事が大好きで日々お金の勉強をしています。節約・収入アップ・資産運用を中心にお金に強くなる情報を発信しています。