資産運用

ウェルスナビの評判は?メリット・デメリットや始め方など徹底解説!

この記事を読むのに必要な時間は約 44 分です。

パチロー
パチロー
最近テレビCMもやってるロボアドバイザー「ウェルスナビ」ってぶっちゃけどうなの?

 

こんな疑問にお答えします!

この記事でわかること
  • ロボアド・ウェルスナビとは?
  • ウェルスナビのメリット・デメリット
  • ウェルスナビの評判・口コミ
  • ウェルスナビの始め方
  • 結論:投資初心者にはオススメだけど手数料には注意!
ヒーロー
ヒーロー
はじめに結論だけ言っちゃうとウェルスナビは投資初心者にはオススメ!だけどレベルアップしたら自分で投資信託などを選べるようになろう!

 

\初心者にオススメのロボアド投資!/

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

ウェルスナビに無料登録 

目次

ロボアドバイザーとは?

ロボアドバイザーとは数学やアルゴリズムに基づいて機械(ロボ)が投資判断やアドバイスをしてくれるサービスです。

ロボアドバイザーには下記の二種類があります。

  • 助言型
  • 一任型

助言型ロボアドバイザー

助言型ロボアドバイザーは投資のアドバイスをくれるだけで、運用自体は自分で行います

無料で使えるサービスも多いです。

 

助言型ロボアドバイザーの例
  • SBI-ファンドロボ:SBI証券のロボアドバイザーサービス。投資信託をオススメしてくれる
  • ロボのぶくん:楽天証券のロボアドバイザーサービス。投資信託をオススメしてくれる

現状(2019年5月現在)では助言型ロボアドバイザーはオススメしません

というのもロボアドバイザーが単なる自社商品販売への誘導になっているケースが多いからです。

 

現状ではロボアド(助言型)の診断をうのみにしない方がいいでしょう。

こんな投資信託はNG!オススメのファンドと選び方を解説! [st-kaiwa1]投資信託ってどうやって選べばいいの??ぼったくられそうで怖い・・・。[/st-kaiwa1] こんな...

一任型ロボアドバイザー

一任型ロボアドバイザーは運用内容の提示だけでなく実際の運用まで一任します

 

一任型ロボアドバイザーの例
  • ウェルスナビ
  • THEO
  • 楽ラップ

 

この中でもウェルスナビは特に筆者の好みです。

というのもあとで説明しますが運用の仕方がパッシブ運用という基本的にタイミングによる売り買いをしないタイプの運用方法だからです。

 

THEOや楽ラップも面白い運用はしているのですが私はパッシブ運用が好みでオススメしてます。

THEOや楽ラップについてはまた別の機会に解説しますね!

 

ウェルスナビとは?

ウェルスナビは人気ナンバーワンの一任型ロボアドバイザー投資サービスです。

  • ユーザー数8万人超
  • 預かり資産1400億円突破
  • 朝日新聞やNHKなど大手メディア掲載あり
  • テレビCMも放送

など最近話題の投資サービスです!

 

これまで一部の富裕層や機関投資家など特別な層だけのものだった世界水準の金融アルゴリズムを一般投資家もアクセスできるようにした画期的なロボアドバイザー投資。

初心者でもリスク許容度に応じた適切な運用ができ、相場の動向に惑わされずに運用が可能です。

ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づいた金融アルゴリズムを駆使して世界水準の資産運用を提供しています。

 

また資産運用の王道である

  • 長期
  • 積み立て
  • 分散

の三本柱を実現。

この三本柱は金融庁もその有効性をサポートしてます。(金融庁「平成27年度金融レポート」より)

 

世界に長期的に分散して積み立て投資することによって世界経済の成長を享受することができるのです

なぜ投資が必要なのか?

投資家の間では有名な「r>g」という法則があります。

r=資本収益率

g=経済成長率

 

もっとわかりやすいうと

r=投資利回り

g=賃金の上昇率

になります。

 

つまり投資家と労働者の格差は必然的に広がっていくという法則なのです。

 

ウェルスナビを使うことによって「r」側=投資家としての第一歩を踏み出すことができます

小さな積み立てを続けていくことで将来大きな違いを産むことができるのです。

 

パチロー
パチロー
現代では手軽に資本家サイドに行けるんだね!

ウェルスナビのメリット

ヒーロー
ヒーロー
ウェルスナビのメリットをまとめてみたよ!
  • 全自動で運用してくれる
  • 手数料がわかりやすい
  • 投資経験者にも選ばれてる
  • 投資先が素晴らしい
  • セキュリティも安心
  • 確定申告が原則不要
  • スマホアプリも使える
  • 高い信頼性
  • お金系アプリとの連携も充実

それぞれ詳しく解説していきます!

メリット1:全自動で運用してくれる

全自動で運用してくれるという点がウェルスナビの最大のメリットですね。

 

通常資産運用するためには以下の作業が必要になります。

  • 銀行口座から証券口座へ資金移動
  • 場合によっては証券口座内で外国株専用口座へ資金を移動・日本円を米ドルに両替
  • アセットアロケーションの決定(資金の何パーセントを株式に投資するかなど)
  • ポートフォリオの決定(実際に投資する商品を選ぶ)
  • 証券口座内の画面で注文
  • 場合によっては分配金・配当金の再投資
  • 定期的にポートフォリオをリバランス
  • 節税のため年末に損だしする(DeTax)

ざっくりですがこのような工程を踏みます。

 

ウェルスナビではこの工程を全て自動化してくれます

ウェルスナビの全自動運用の内容
  • 投資先や資産比率を自動で診断
  • 自動積み立てで投資を習慣化
  • 自動リバランスで手間いらず
  • 分配金も自動再投資
  • 自動税金最適化サービス「DeTAX」

それぞれ解説していきます。

投資先や資産比率を自動で診断

ウェルスナビでは事前にアンケートを答えることでリスク許容度を診断して、それにあわせた投資先・資産比率を選んで運用してくれます。

簡単なアンケートに答えるとこんな感じでポートフォリオを提示してくれます。

投資先については後ほど説明しますが、株式・債券・金・不動産に投資をしています。

ちなみにこれはリスク許容度が5/5(最大)です。

自動積み立て対応

ウェルスナビは自動積み立てに対応しています。

積み立てコースと積み立て額を選ぶことができます。

 

積み立てコースは以下の4つです。

  • 月1回定額:毎月6日・12日・20日・26日・末日の中から1回、設定した額を積み立て。
  • 月5回定額:毎月6日・12日・20日・26日・末日の全ての日に、設定した額を積み立て
  • 複数回定額:毎月6日・12日・20日・26日・末日の中から複数回、設定した額を積み立て。
  • カスタム:毎月6日・12日・20日・26日・末日の中から複数回、引き落とし日ごとに設定した額を積み立て

積み立て金額は1万円からです。

 

自動で積み立てるので機械的に投資を継続することができます。

投資において一番大事なことは継続し続けることです

 

感情に惑わされずに継続して自動積み立てできる機能は我々個人投資家にとって素晴らしい武器になります。

 

分配金自動再投資

ウェルスナビの投資先からは定期的に分配金が出ます。

ウェルスナビではこの分配金を自動で再投資することができるのです。

 

分配金を再投資することで複利で資産を増やすことができます

こちらのグラフをご覧下さい。

元手1000万円でトータルリターン6%(株価上昇4%・分配金2%)で30年間運用したシミュレーションです。(説明をわかりやすくするため、税金や手数料は考慮していません。)

  • 青いグラフA:配当金再投資後の資産額
  • 赤いグラフB:株価上昇分+配当金(再投資なし)の合計資産額

 

最終的には

  • A:5743万4912円
  • B:3305万7705円

と大きな差が開きました。

 

これが複利の力です。

ウェルスナビを使う際は分配金の地黄再投資を強くオススメします。

 

実際の運用ではグラフのように綺麗に資産が右肩上がりに増えることはありません。大きく下がる年や大きく上がる年を繰り返して数十年単位で平均利回りに落ち着きます。

自動でリバランスしてくれる

ウェルスナビではあらかじめ決めた資産比率を保つパッシブ運用という運用手段を取っています。

時間が経つと資産比率がずれてくるのでこの比率を元に戻すことをリバランスと言います

 

ウェルスナビではリバランスを自動で行ってくれるので自分でする手間が省けます。

 

リバランスをすることで

  • リスク許容度を一定に保つ
  • 利益の確定→利益の積み上げ
  • 割安な資産の買い増し→将来の利回りアップ

などの効果があります。

 

自動税金最適化サービス「DeTAX」

ウェルスナビには税金を最適化するDeTAXという機能がついています。

これにより面倒な節税対策を自動ですることができるのです

 

具体的に通常ならばどんな節税対策をしているか解説します。

 

ウェルスナビを運用していると、分配金による利益やリバランスによる利益が発生します。

そのまま年を越すと当然税金が発生しますよね?

 

もし年末に含み損を抱えていたら、一度資産を売却して再度買い増すことで損失を確定させることができます。

そうするとすでに出ている利益と損失が相殺されて発生する税金の金額が少なくなるのです。

 

これを損だしと呼んだりします。

損だしの例
  • 確定利益30万円
  • 含み損10万円

損だししなければ・・・

30万円×20.315%=6万945円の税金が発生

 

損だしすれば・・・

20万円×20.315=4万630円の税金が発生

→2万315円の節税になる

資産運用ではこのような方法を駆使して節税を行います。

 

ウェルスナビではこのような節税対策を自動で行うことができます

なので年末になって損だしをする必要もありません!

 

ちなみにこのDeTAX機能により資産額に対して年間0.4~0.6%程度リターン改善に繋がるそうです。

 

ヒーロー
ヒーロー
全自動で運用がウェルスナビの最大のメリットだね!

メリット2:手数料がわかりやすい

多くの金融商品のデメリットとして手数料がわかりにくいという点が挙げられます。

その点ウェルスナビは手数料が明確です。

 

ウェルスナビの手数料
  • 預かり資産3000万円まで:1%
  • 3000万円を超えた分:0.5%

そのほかの直接的手数料は全て無料です。

 

これにプラス投資先のETF(上場投資信託)の信託報酬(運用手数料)がかかります。

低コストなETFに投資しているので、平均約0.1%台に抑えています。

 

またウェルスナビには長期割があり、資産運用の継続期間と運用金額に応じて最大0.9%まで手数料が割引されます。

運用金額 手数料の割引額(6ヶ月ごと)
50万円〜200万円未満 年率0.01%
200万円以上 年率0.02%

画像出典:ウェルスナビより

 

長期で運用するには嬉しい割引ですね!

 

ヒーロー
ヒーロー
手数料がブラックボックスの金融商品はNGだよ!
ウェルスナビの手数料は高いの?いつ払うの?手数料の仕組みを徹底解説! こんな要望にお答えします! \投資初心者にオススメのロボアド投資!/ ウェルスナビに無料登録! ウェルスナ...

メリット3:投資経験がある人に選ばれている!

画像出典:ウェルスナビより

 

ウェルスナビによると利用者の内72%が投資経験者ということです。

投資経験者にも評価されているサービスということですね!

 

メリット4:投資先が素晴らしい!

ウェルスナビは米国ETFを通じて投資しています。

ETFとはExchange Traded Fundの略で上場投資信託のことです。株式市場で購入できる投資信託と思っていただければOKです。

 

米国ETFを選ぶメリットは以下の二つです

  • 手数料がめちゃくちゃ安い
  • 分配金がタコ足配当ではなく利益から出ている

 

ウェルスナビの主要銘柄であるVTIの信託報酬は0.03%です。(2019年5月現在)

ほとんど無視できる安さです。

 

またETFは構造上タコ足配当ができません。株式の配当や債券の利子などが原資となった分配金を支払います。

 

ウェルスナビで投資しているETFは以下の通りです。

銘柄 投資内容
VTI 米国株式
VEA 日欧先進国株式
VWO 新興国株式
AGG 米国債券
TIP 米国物価連動債券
GLD 金(ゴールド)
IYR 米国不動産(REIT)

 

ご覧の通り米国を中心にした世界分散ポートフォリオになっています。

どれも低コストなインデックスファンドに投資していることがポイントです。

インデックスとはある基準を元に株価などを平均化した指数のこと。日経平均株価やダウ平均株価などが有名です。

インデックスファンドはインデックスに連動することを目指して運用されます。

ちなみにETFは株式のように一株の値段が決まっているので、通常は少ない金額ではうまくポートフォリオを組むことができません。(プラス買付手数料もかかる)

ウェルスナビでは特別に端数取引ができるので、少額でもしっかり分散してポートフォリオを組むことができます。

 

ウェルスナビの運用で一点注意すべきことは米国基準になっていることです

債券のポジションも米国債になってますね。

 

米国債は世界的には安全資産なのですが、日本の場合不況になると円高になる傾向があります。

なので米国債を持っていても為替リスクに晒されます

 

対策としては投資分とは別にしっかり日本円で貯金を持っておくといいでしょう

市場が暴落してもしっかりと現金を持っていれば慌てる必要もありません。

 

ヒーロー
ヒーロー
投資先もシンプル明解だね!

メリット5:セキュリティも安心!

お金+インターネットとなると心配になるのがセキュリティですね。

ウェルスナビではしっかりとしたセキュリティ対策が施されていて、今の所トラブルは発生していません

 

ウェルスナビでは

  • 資産の分別管理
  • 不正送金防止対策
  • 二重認証機能

というセキュリティ対策を取っています。

それぞれ説明しますね!

資産の分別管理

ウェルスナビ社は自社の資産と顧客の資産を分けて管理しています

 

具体的にはETFは世界最大規模の証券預託機関であるDTCで管理されています。

そして現金は三井住友銀行・みずほ信託銀行・りそな銀行に信託されています。

 

なので万が一ウェルスナビが破綻しても顧客の資産は保護されるのです

さらに万が一ウェルスナビ社が分別管理義務に違反していたとしても、日本投資家保護基金が一人当たり上限1000万円までは保証してくれます。

 

不正送金の防止対策

ウェルスナビでは不正送金を防ぐため、出金先口座の変更を厳しく管理しています。

 

具体的には

  • 本人確認書類のアップロード
  • ウェルスナビ社の専門スタッフによる審査

この二つを通過しなければ出金先の変更ができません。

なので仮にログインIDとパスワードが流出したとしても不正送金はできない仕組みになっています

 

二段階認証機能

ウェルスナビではログイン時に二段階認証機能を設定することができます。

ログイン時に通常のログインID・パスワードとは別にスマホの認証アプリで発行される6桁のコードが必要になります。

 

ウェルスナビに限らず二段階認証を導入しているWebサービスが増えてきましたね。

二段階認証機能を使ってセキュリティを高めましょう!

 

自分でできるセキュリティ対策は?

ウェルスナビを安全に使うために覚えておきたいセキュリティ対策をまとめておきます。

  • 複雑なパスワードの設定
  • 定期的なパスワードの変更
  • スマホアプリの画面ロック設定
  • ソフトウェアを常に最新にする
  • ウイルス対策ソフトの導入
  • 詐欺メールやUSBメモリからのウイルス感染に注意する
  • 共有パソコンではログインしない

このあたりを気をつけておけばバッチリです!

 

ちなみにパスワードの管理についてはノートンIDセーフがオススメですよ!

こちらの記事で解説しているのでチェックしてみて下さい。

 

パスワード管理に便利!ノートンIDセーフの使い方(スマホ・PC) [st-kaiwa1]セキュリティのためには複雑なパスワードが必要なんだね。でも覚えられないぽよ・・・。[/st-kaiwa1]...

メリット6:確定申告が不要

ウェルスナビは源泉徴収されるので原則確定申告が不要です。

 

正確には口座開設時に

  • 特定口座(源泉徴収あり)
  • 特定口座(源泉徴収なし)
  • 一般口座

から口座の種類を選べて、特定口座(源泉徴収あり)を選ぶと確定申告が不要になります

 

特定口座は年間取引報告書をウェルスナビ社が作ってくれて、源泉徴収があり・なしのバージョンがあります。

一般口座は自分で書類作成をして確定申告が必要です。

 

なので特に理由がなければ特定口座(源泉徴収あり)をオススメします。

 

特定口座(源泉徴収あり)にしておけば原則確定申告不要ですし、仮に確定申告したい場合でも年間取引報告書を作ってくれるので簡単に確定申告が可能です。

 

ちなみにウェルスナビの特定口座(源泉徴収あり)を使っていても確定申告したほうがいい場合もあります。

確定申告した方がいい場合
  • 他の証券口座で取引していて、損益を通算したい時
  • 損失を翌年以降に繰り越したい時
  • 専業主婦などで給与所得がなく、ウェルスナビの利益が38万円以下の場合
  • *外国税控除を利用したい時

*米国ETFでは分配金が米国内で10%源泉徴収されます。この一部は確定申告によって取り戻すことが可能です。

外国税控除は資産が少ないうちはしなくてもいいかもしれませんね。費用対効果は低いので。

ただし副業などをしていてどの道確定申告が必要な場合は利用してみましょう。

ウェルスナビで確定申告は原則不要!確定申告した方がいい場合についても解説します!(外国税額控除や損益通算など) こんな疑問にお答えします! \確定申告も不要で楽チン!/ ウェルスナビに無料登録  【原則確定申告不要!】...

メリット7:スマホアプリが利用可能

ウェルスナビはスマホアプリから操作することが可能です。

毎回パソコンでログインするのは面倒ですよね?

 

ウェルスナビはスマホアプリから手軽に資産運用の管理ができちゃいます。

 

WealthNavi(ウェルスナビ) で全自動の資産運用を

WealthNavi(ウェルスナビ) で全自動の資産運用を

WealthNavi Inc.無料posted withアプリーチ

 メリット8:抜群の信頼性

ウェルスナビは利用者の多さや預かり資産額の多さからもたくさんの方々から信頼されてることがわかりますね。

またウェルスナビ社の出資元を見ると名だたる大企業が出資しています。

ウェルスナビの資本提携元
  • SMBCベンチャーキャピタル(三井住友銀行グループ)
  • みずほキャピタル
  • 三菱UFJキャピタル株式会社
  • DBJキャピタル株式会社(日本政策投資銀行グループ)

大手金融機関から出資を受けているというのは安心ですよね!

 

ウェルスナビの企業情報についてはこちらのページから確認できます。

 

パチロー
パチロー
出資元はすごい大企業だぽよ・・・!

メリット9:他の金融機関などと連携している

ウェルスナビは直接申し込む他に、他の金融機関経由で口座開設することができます。

例えばSBI証券から申し込むと、SBI証券の管理画面内でウェルスナビの操作をすることができるようになります。

 

現在ウェルスナビと提携している機関は以下の通りです。

  • SBI証券
  • 住信SBIネット銀行
  • ソニー銀行
  • イオン銀行
  • 横浜銀行
  • JAL
  • TOKYU POINT
  • じぶん銀行
  • ANA
  • ネオモバ

それぞれの提携機関で最低投資額が違ったり微妙な違いがありますが、基本的には運用に変わりはありません。

それぞれの提携機関での違いは別記事で解説しているのでチェックしてみましょう!

ウェルスナビfor SBI証券の違いやメリットは?その他提携会社についても解説! こんな疑問にお答えします! \初心者にオススメのロボアド投資!/ ウェルスナビに無料登録  ウェルスナビの...

メリット10:お金系アプリとの連携も充実

ウェルスナビはお金系アプリとの連携も充実しています。

例えばマメタスと連携して「おつり貯金」ならぬ「おつり資産運用」が可能です。

 

毎日のクレジットカードでの買い物の端数を自動で貯金して、毎月一回貯まったおつりを自動的にウェルスナビに積み立て投資します。

知らない間に少しづつ積み立てていくので何気にお金がたまりますよ!

 

ちなみに似たようなアプリにFinbeeというアプリがあります。

こちらは資産運用ではなく純粋に「おつり貯金」のアプリです。おつり貯金だけでなく自動積立など色々な貯金機能があって楽しみながら貯金ができるアプリです。

貯金が苦手な人向け!自動引き落とし貯金アプリFinbeeの使い方! 自動貯金アプリ「Finbee」とは? https://youtu.be/-5fhRq5...

 

その他にはウェルスナビは下記の家計簿・資産管理アプリとも連携しています。

  • マネーフォワードME
  • Moneytree
  • Zaim

これらの家計簿・資産管理アプリを使うとウェルスナビやその他の証券会社・銀行口座・ポイント・電子マネー・クレジットカード利用残高などを一括で管理することができます

家計簿アプリについては別記事でも解説しているのでチェックしてみましょう!

お金の管理はこれで完璧!無料で使える家計簿アプリベスト3 [st-kaiwa1]家計簿って面倒で中々続かないんですよ。エクセルとかも苦手で。[/st-kaiwa1] [st-kai...

 

ウェルスナビのデメリット

ヒーロー
ヒーロー
次にウェルスナビのデメリットについて解説するね!

 

ウェルスナビのデメリットをまとめてみました。

ウェルスナビのデメリット
  • 始めるまでに時間がかかる
  • 元本割れのリスクがある
  • 手数料が高い
  • NISA・つみたてNISAで利用できない
  • 短期的な利益は期待できない
  • ウェルスナビ自体の倒産リスク

それぞれ詳しく解説していきます。

デメリット1:始めるまでに時間がかかる

ウェルスナビに限らず、他のロボアドバイザーや証券口座も本人確認などのため口座開設に少し時間がかかります。

ウェブ申し込み→ハガキが届くという流れですが、1週間くらいを見積もっておきましょう

とはいえ本人確認書類もウェブ上で提出できるのでスムーズに始めることができますよ!

 

すぐにでも始めたい人は早めに申し込んでおきましょう!

>>ウェルスナビに無料登録

デメリット2:元本割れのリスク

ウェルスナビは定期預金などとは違い元本割れのリスクがあります。

 

リスク許容度が高いポートフォリオになるほど元本割れのリスクは高まります。

先ほども触れましたが、ウェルスナビは米国中心になっているので特に円高不況時に為替でマイナスになることが予想されます。

 

とはいえウェルスナビは10年〜の長期投資を前提としています。短中期の変動に一喜一憂する事なく継続することが大切です!

 

パチロー
パチロー
10年!長期投資は長い道のりだぽよ・・・。

デメリット3:手数料が高い

ウェルスナビは競合のロボアドバイザーと比べて手数料は高くありません。

 

しかし自分で投資信託やETFに投資するのと比べると、手数料は割高と言わざるをえません

 

例えば低コストな投資信託(インデックスファンド)なら手数料を0.1%台まで落とすことができます。

ETFの場合はVTI(米国株)に至っては0.03%です。

 

もちろんその分自分で運用しなければなりませんが。

 

ウェルスナビの1%という手数料は全自動運用の代償ということですね

 

ウェルスナビで投資に慣れつつ、自分で運用できるように勉強していくのがベストだと思います。

 

ヒーロー
ヒーロー
まずはウェルスナビで投資になれるのもありだね!
ウェルスナビの手数料は高いの?いつ払うの?手数料の仕組みを徹底解説! こんな要望にお答えします! \投資初心者にオススメのロボアド投資!/ ウェルスナビに無料登録! ウェルスナ...

デメリット4:NISA・つみたてNISAで利用できない

現在(2019年5月)ウェルスナビはNISA・つみたてNISAで利用することができません。

 

ウェルスナビは最低投資額が設定されていて、運用中もリバランスがあるので売買しない前提のNISA・つみたてNISAとは制度上合わないということです。

 

今後の対応に期待しましょう。

 

デメリット5:短期的な利益は見込めない

ウェルスナビの投資方法は長期投資を前提としています。

長期的には右肩上がりを期待できますが、数年単位では低迷する可能性もあります。

 

実際に米国株式市場は10年間くらい低迷した時期もありました。

もちろんウェルスナビは株式以外にもバランスよく投資をするので、100%株式のようなリスクはありません。

 

それでも長期投資を前提としていることを覚えておきましょう。

 

デメリット6:ウェルスナビの倒産リスク

ウェルスナビは一般の会社なので当然倒産する可能性はあります。

しかし先ほど解説したようにウェルスナビが倒産した場合でも原則資産は守られるので安心して下さい。

 

デメリットをあげるとすると、資産が現金として返ってくると利益が出ている場合税金が発生してしまう点ですね。

税金は出来るだけ繰り延べするのが資産運用の定石です。税金がかかると複利効果が薄れてしまいます。

 

ウェルスナビの評判・口コミは?

ヒーロー
ヒーロー
Twitterでウェルスナビの評判・口コミを見つけたよ!

ヒーロー
ヒーロー
ほったらかし投資を実践されてるようです。

ヒーロー
ヒーロー
下落は実は買い増しのチャンスなんですね!バーゲンセールみたいなもんです!

ヒーロー
ヒーロー
ウェルスナビの一歩先へ行きたいという方です。

ヒーロー
ヒーロー
狼狽売りしてしまった方も・・・。長期投資を忘れずに!

ヒーロー
ヒーロー
冷静に積み立ててるようですね

 

 

ヒーロー
ヒーロー
ウェルスナビは多数のメディアにも掲載されてるよ!こちらのページでチェック!

ウェルスナビはこんな人にオススメ!

ヒーロー
ヒーロー
ウェルスナビはこんな人にオススメだよ!
こんな人にオススメ!
  • 全くの投資初心者
  • 投資の管理や勉強に時間を割けない人
  • 長期的にお金を増やしたい人

ウェルスナビをオススメしない人

ヒーロー
ヒーロー
こんな人にはウェルスナビをオススメしません!
オススメしない人
  • 短期的にお金を増やしたい人
  • 借金がある人(カードローンなど)
  • 貯金が全然ない人
  • 直近の生活に困っている人
  • 自分で投資信託やETFなどを選べる人
ヒーロー
ヒーロー
借金をしてたり貯金が全然ない中で投資をするのはオススメしません!

ウェルスナビの申し込み方

ヒーロー
ヒーロー
ウェルスナビのウェブ申し込みをステップバイステップで解説するね!

 

ヒーロー
ヒーロー
まずはこちらからウェルスナビのサイトへ飛ぼう!

 

>>ウェルスナビ公式サイトはこちら

 

ヒーロー
ヒーロー
次に無料診断をタップ!

 

ヒーロー
ヒーロー
次に診断を始めるをタップ!

 

 

ヒーロー
ヒーロー
次に年齢を選びます。

 

 

ヒーロー
ヒーロー
次に年収を選びます。

 

ヒーロー
ヒーロー
次に保有している資産の総額を選びます

 

 

ヒーロー
ヒーロー
次に毎月の積立額を選びます。

 

 

ヒーロー
ヒーロー
次に資産運用の目的を選びます。

 

 

ヒーロー
ヒーロー
次に株価が1ヶ月で20%暴落したら?という質問に答えます。

 

 

ヒーロー
ヒーロー
診断結果の画面になったよ!「次へ」を押す前に結果を見てみよう!

 

 

ヒーロー
ヒーロー
将来の資産形成のシミュレーションだね。実際には山あり谷ありなので注意!

 

 

ヒーロー
ヒーロー
推奨ポートフォリオの過去の分析シミュレーションだよ。大きく下がる場面がありつつも長期的には成長してるね!

 

 

ヒーロー
ヒーロー
こちらが推奨ポートフォリオです!

 

 

ヒーロー
ヒーロー
最後にメールアドレスを登録して登録完了!

 

 

ヒーロー
ヒーロー
あとは本人確認等を済ませて書類が届くのを待つだけ!

ウェルスナビのキャンペーンを紹介

ヒーロー
ヒーロー
ウェルスナビでは定期的にお得なキャンペーンをしているので紹介しておくね!

夏のボーナスキャンペーン(2019/6/19〜2019/7/31)

画像出典:ウェルスナビ

キャンペーン内容

キャンペーン期間中に20万円以上の入金で最大10万円をプレゼント!

積立開始キャンペーン(2019/5/22〜2019/8/22)

画像出典:ウェルスナビ

キャンペーン内容
  • キャンペーン期間中にエントリー
  • 3ヶ月以上連続で自動積立(1回目の積立は新規)

→最大2万5000円プレゼント

招待キャンペーン(2019/5/1〜2019/7/1)

画像出典:ウェルスナビ

キャンペーン内容
  • キャンペーン期間中にご家族・友人をウェルスナビに招待

→最大1万5000円プレゼント+招待を受けた人も500円プレゼント

 

ヒーロー
ヒーロー
お得なキャンペーンをぜひ活用してみてね!

>>キャンペーンの更新情報はこちら

ノマドFPヒーロー的ウェルスナビの評価!

ヒーロー
ヒーロー
最後にノマドFPヒーロー視点でウェルスナビを評価してみるよ!
  • ウェルスナビはパッシブ運用(頻繁に売り買いしない)がGood!
  • 全くの初心者が手軽に高レベルな運用が行えるのは革命的!
  • しかし、個別の優良投資信託やETFに比べると手数料は高い!
  • 手数料は運用の手間・勉強の手間を省くという意味では高くはないのかもしれない
  • 皆さんにはできればウェルスナビを踏み台にして、次のステージ(投資信託やETF)へ進んで欲しい!

 

ヒーロー
ヒーロー
ウェルスナビは投資への入り口だと思ってね!

ウェルスナビを体験してみよう!

ヒーロー
ヒーロー
どうだい?ウェルスナビなら資産運用できそうでしょ?

 

パチロー
パチロー
こ、これでわいも投資家デビューや・・・!

 

ヒーロー
ヒーロー
長期投資では継続が命だよ!一喜一憂せずに末長く投資を続けてみてね!

 

パチロー
パチロー
ほいっす

 

\初心者にオススメのロボアド投資!/

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

ウェルスナビに無料登録 

 

ウェルスナビの手数料は高いの?いつ払うの?手数料の仕組みを徹底解説! こんな要望にお答えします! \投資初心者にオススメのロボアド投資!/ ウェルスナビに無料登録! ウェルスナ...
ウェルスナビで確定申告は原則不要!確定申告した方がいい場合についても解説します!(外国税額控除や損益通算など) こんな疑問にお答えします! \確定申告も不要で楽チン!/ ウェルスナビに無料登録  【原則確定申告不要!】...
ABOUT ME
ノマドFPヒーロー
ノマドFPとはネット上で気軽に相談出来るFP(ファイナンシャル・プランナー)=お金の相談員です。お金の事が大好きで日々お金の勉強をしています。節約・収入アップ・資産運用を中心にお金に強くなる情報を発信しています。