節約

家計の節約はまず固定費を削ろう!毎月〇万円節約できる方法

この記事を読むのに必要な時間は約 19 分です。

[st-kaiwa1]節約ってチマチマしてて面倒くさいのよね。何か楽な節約方法はないの?[/st-kaiwa1]

[st-kaiwa2 r]一番楽な節約方法は固定費を見直す事なんだ。一度見直してしまえば毎月自動で節約になるからね。今回は固定費の節約方法について解説していくね![/st-kaiwa2]

住宅費(家賃・住宅ローン)

家賃の節約

毎月の出費で大半を占めるのが家賃だと思います。毎月決まって発生する出費なので、減らせたら長期的に節約できます。一度契約してしまったら家賃は下げにくいものですが、更新のタイミングで家賃交渉してみるのも手です。

こちらのサイトで家賃の相場を検索できます。もし自分の住まいの家賃が割高なら家賃交渉をしてみましょう。

また、家賃が高すぎると感じたら引っ越しも検討してみましょう。

だいたい家賃が月収の3分の1ぐらいが目安と言われています。家賃が月収の半分以上になっている場合引っ越しの検討をオススメします

引っ越しの見積もりは引越し達人セレクトがオススメです。無料見積比較申込で引越代金が最大55%OFFになり、更に最大6万円のお祝い金がもらえます。登録は最短1分で簡単なのでまずは見積もりをしてみましょう。

住宅ローンの見直し

住宅ローンの見直しは次の三つの方法で考えましょう。

[st-square-checkbox bgcolor=”” bordercolor=”” fontweight=”” borderwidth=”3″]

  • 金利プラン変更
  • 繰り上げ返済
  • 借り換え

[/st-square-checkbox]

金利プラン変更

金利プランは「固定金利」と「変動金利」があります。どちらも一長一短ですが、どちらかに変更した方がお得な場合があります。

例えば、当然高い金利の時に固定金利で固めてしまうと損しそうですよね?どちらのプランがいいか、金利の状況に応じて柔軟に対応していく必要があります
また、意外かもしれませんが、住宅ローン金利は交渉することもできます。プラン変更検討前にまずは住宅ローン金利を交渉してみましょう。

繰り上げ返済

住宅ローン金利は借入期間が長いほど利息がかかります。家計に余裕があるなら、早めに繰り上げ返済してしまうのも手です

繰り上げ返済には、その後の毎月の返済額は変わらず、返済期間を短くする「期間短縮型」と、返済期間を変えず、返済額を下げる「返済額軽減型」があります。それぞれ以下のような利点があります。

[st-square-checkbox bgcolor=”” bordercolor=”” fontweight=”” borderwidth=”3″]

  • 期間短縮型:返済額軽減型より利息軽減効果が大きくなる。
  • 返済額軽減型:毎月の家計が安定する。

[/st-square-checkbox]

家計の状況や将来の展望を予測して、自分にあった繰り上げ返済をしましょう。

借り換え

借り換えとは別の銀行からローンを組んで、現在のローンを一括で返済してしまうことです

つまりA銀行よりB銀行の方が金利が低いから乗り替えよう!という話です。
固定金利期間が終わり、金利が上がるタイミングなどは借り換えの見直しにぴったりなタイミングです。低金利が続いているうちに固定金利にしてしまうといいかもしれません。

住宅ローンの見直しは難しくて分からないという方が多いと思います。そんな時は住宅ローンの専門家やファイナンシャルプランナーなどに相談することをオススメします。

水道光熱費

水道光熱費節約というと、小まめに電気を消したり、お風呂の残り湯を洗濯に使ったり・・・など細々として面倒なことをイメージすると思います。それはそれで悪くはないのですが、今回は一回きりでずっと水道光熱費がお安くなる方法を紹介します。(細々とした節約も大事ですよ!)

電力自由化・ガス自由化とは?

これまでは地域で決められた会社からしか電力やガスを買うことはできませんでした。しかし、近年の法改正により、様々な会社から電力やガスを買えるようになりました。それにより、会社間で電力・ガスの基本料金の値下げ競争が起こっています。これを利用しない手はありません!つまり安い携帯電話会社に乗り換えるような感覚で電力・ガス会社を乗り換えられるということです

電力比較サイト「エネチェンジ」では簡単に電力料金の見直しシミュレーションが出来ます。

また、プロパンガスの見直しは「ガス屋の窓口」がオススメです。簡単10秒でシミュレーションできる上にガス会社変更手続きを無料で代行してくれます。とりあえず今の料金が適正かシミュレーションしてみましょう!

一度乗り換えればずっと節約できますね!節約が中々続かない人はマストチェックです!

通信費(インターネット・携帯電話代)

インターネットやスマホは今や生活必需品となってしまいました。毎月かかる出費だからこそ減らしていきたいですね。ここでは通信費を節約するアイディアを紹介します。

まずは携帯電話プランの見直し

全然電話しないのに掛け放題プランに入っていたり、外であまりデータを使わないのに大容量プランに入っていませんか?プランを見直すだけで特に利便性に影響なく節約できるかもしれません。また、携帯の保険料を払っている場合もあります。ケースバイケースですが、不要と思うなら保険を解約しましょう。

Lineなどのメッセージ・通話アプリの活用

Lineは言わずと知れたメッセージアプリです。Lineを使えば無料で通話やメッセージ交換ができます。Line程度であれば少ないデータプランでも使えるし、WiFiがあれば長電話も安心です。

そのほかiPhoneを使ってる方はiMessageとFaceTimeがデフォルトで入っています。これはApple版のLineのようなものです。是非活用してみましょう。

格安SIMへ乗り換え

最近よくCMで宣伝している格安SIMです。大手3社より格安でデータ通信できますよという話です。

デメリットとして、大手3社より通信スピードが遅くなる場合があることがあげられます。
ちなみに筆者はDMMモバイルを利用していますが、特に不自由なく使えています。圧倒的な通信速度を必要としている人以外は問題なく使えると思います。

また、値段はプランによって様々ですが、筆者は基本料金1000円以下に抑えることができました。
格安SIMは節約志向の方のマストアイテムです!

光回線(家の固定ネット回線)の見直し

格安SIM同様、通信の自由化によって様々な会社がインターネット回線を提供できるようになりました。
ちなみに通信の自由化というのは大手の通信インフラ会社(KDDIやNTT西日本・東日本など)から回線を借りて、それぞれの会社が顧客に提供しているものです。よって、同じ回線を使用しているので新しい業者だから通信速度が遅いということはありません。

通信の自由化によってたくさんのインターネット会社が出てきたことで、プランが複雑化してしまいました。
基本料金に追加の割引プラン・家族プランに何たらかんたら・・・・

一番分かりやすいのは携帯電話の会社と同じ会社に統一することです。

・・・といった要領です。
光回線の切り替えは工事が必要な場合もあるので面倒かもしれませんが、一度してしまえばずっと節約できるので見直してみましょう。

モバイルルーター+IP電話番号取得

モバイルルーターは持ち運びできるWiFiルーターです。
IP電話番号とは050から始まる電話番号で、電話回線ではなくインターネット回線を利用した電話をするための番号です。

少し裏技的な節約術なのですが、家の固定ネット回線と携帯電話の通信契約をどちらもなくし、モバイルWiFiに統一します。そしてスマホでIP電話番号を取得します。こうする事で電話・通信料どちらも抑えることができます。もちろんパソコンもモバイルルーターで使えますよ!

また、家は固定のネット回線がいいという人は、格安SIM(データ通信のみ)+IP電話番号という方法もあります。

IP電話番号の取得は楽天コミュニケーションズが提供している「IP-Phone Smart」がオススメです。
基本料金0円で使えます。通話料は8円/30秒です。普段Lineなどを使えば通話料も抑えられます。Lineがメインだけど一応電話番号は持っておきたいという方にオススメです。

また、モバイルルータはGMOとくとくBB WiMAXがオススメです!月額2170円〜と業界最安級で速度も安定しています。

モバイルルーター+IP電話番号取得はかなり節約になりますのでオススメですよ!

車関係の出費

一昔前は車を持って一人前と言われていましたが、最近の若者は車への関心が薄いようです。その背景には車自体が高額であることや維持費がかかることが関係しているようです。実際に車の維持費はどのようなものがあるでしょうか?また維持費はいくらぐらいかかるのでしょうか?

車の維持費・種類

車の維持費は大きく分けて以下の四つに分類されます。

[st-square-checkbox bgcolor=”” bordercolor=”” fontweight=”” borderwidth=”3″]

  • 税金(自動車税・自動車重量税など)
  • 保険・金利(自賠責保険・自動車ローン金利など)
  • 走行費用(ガゾリン代・駐車場代など)
  • メンテナンス費(オイル交換・車検代など)

[/st-square-checkbox]

車の維持費に加え、当然車そのものを購入するのにもお金がかかります。車の購入を含めた、車を所有するための年間費用は約70万円と言われています。

車を所有しないという選択

毎年70万円を出費すると50年間で3500万円の出費になります。これほどのお金を出してまで車を所有する必要があるでしょうか?

ライフスタイルによっては電車やバスで大半の事を済ませることができます。また、最近はカーシェアリングやレンタカーも気軽に使えるようになりました。必要な時だけ車を借りるというスタイルが主流になる時代が来るかもしれません。

節約志向の方は車を所有しないという選択肢もあるんだということを覚えておきましょう

月額制サービス・会員制サービスなどを見直す

毎月・毎年自動更新で課金されるサービスを利用していませんか?もしあまり使っていないのに加入しているサービスがあれば見直しましょう。

例えば以下のようなサービスなどです。

[st-square-checkbox bgcolor=”” bordercolor=”” fontweight=”” borderwidth=”3″]

  • 新聞
  • クレジットカード(年会費)
  • 動画配信サービス(ネットフリックスなど)
  • 音楽配信サービス(Apple Musicなど)
  • スマホゲーム
  • 洋服レンタルサービス

[/st-square-checkbox]

一度加入しっぱなしで忘れているものはありませんか?確認してみましょう。

保険

今ご自分が何の保険に入っているか把握していますか?

保険の内容が分からないのになんとなく加入している場合もあると思います。保険の必要性は人それぞれです。それぞれのライフスタイルにあった保険の入り方があるので、これといった一つの答えはありません。

しかし、もしかしたら大して必要のない保険に入っている場合もあります

例えば、通院・入院保険に加入しているとしましょう。毎月保険料を支払い、もしもの時も安心です。

しかし忘れていませんか?私たちはすでに公的医療保険に入っています。実は公的医療保険でかなりの部分をカバーできるのです

高額医療費制度をご存知でしょうか?
高額医療費制度とは公的医療保険の一つで、簡単にいうと個人が負担する医療費に上限を定めるものです。高額医療保険制度は国民健康保険に加入している方全員に適用されます。医療費負担上限は年齢や年収によって変わります。

画像出典:全国健康保険協会

例えば70歳未満で年収28〜50万円の場合、ひと月の医療費が100万円の場合、実質自己負担9万円です。

自己負担が9万円なら入院保険に入らなくても、その分自分で貯蓄するだけで十分カバーできそうですね。
(*高額医療費制度について詳しくは厚生労働省ホームページをご覧ください。)

 

もちろんどの保険が必要かは人それぞれです。しかし保険には節約の余地がかなりあると思います。一度見直してみてはいかがでしょうか?

ご自身での判断が難しい場合は保険のプロに相談しましよう!

保険見直しラボでは無料で保険の見直し相談ができます。訪問型のサービスなので、店舗まで行く必要もありません。保険は複雑で理解が大変難しいです。ご自身での判断が難しい場合は保険のプロに相談しましょう。

税金

サラリーマンの方は普段税金をあまり意識していないかもしれません。しかし何人たりとも逃れられないのが税金。みなさんしっかり払っているはずです。しかしサラリーマンでも節税できる余地はあります。余分に取られた分はしっかり取り返しましょう。所得税から控除できる項目・方法をいくつか挙げてみます。

[st-square-checkbox bgcolor=”” bordercolor=”” fontweight=”” borderwidth=”3″]

  • 医療費控除
  • 年金控除
  • 生命保険控除
  • 特定支出控除
  • ふるさと納税

[/st-square-checkbox]

医療費控除

医療費控除は年間の医療費が10万円を超えた分が所得税から控除されます。(正確には「窓口で支払った金額ー保険などで補填された金額ー10万円」が控除対象)

医療費控除は世帯家族でまとめることができます。世帯の中で一番所得が多い人が控除するとお得です。

年金控除

国民年金や厚生年金など、年金拠出額分を所得税から控除することができます。iDeCo(確定拠出年金)などの拠出分も対象です。iDeCoは貯蓄しながら節税もできるのでお勧めです。

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”80″ fontweight=”” bgcolor=”#66BB6A” color=”#fff” margin=”0 0 0 -8px”]iDeCoとは?[/st-minihukidashi]

[st-cmemo fontawesome=”fa-search” iconcolor=”#66BB6A” bgcolor=”#E8F5E9″ color=”#000000″ iconsize=”200″]iDeCo(確定拠出年金)とは”年金枠”でできる資産運用です。メリットは、毎年の拠出額が所得税から控除されること・運用中の利益が非課税である点です。デメリットは年金なので60歳まで引き出せない点です。60歳になると一時金として受け取るか、年金として受け取るか選択できます。一時金として受け取る場合は退職金として扱われるため、自営業の方など退職金がない方は退職金控除が使えます。[/st-cmemo]

iDeCo(確定拠出年金)運用は楽天証券がオススメです。楽天銀行と連携すると普通預金の金利が0.1%になるのもいいですね!

生命保険控除

生命保険・医療保険・地震保険などに入ってい場合、一定の金額が所得税から控除されます。掛け捨てでも税金控除はしないと損ですよ!

特定支出控除

特定支出控除はサラリーマン版の経費計上のようなものです。控除対象には以下の項目があります。

[st-square-checkbox bgcolor=”” bordercolor=”” fontweight=”” borderwidth=”3″]

  • 通勤費(通勤にかかる交通費)
  • 転居費(転勤の為に発生する引っ越し費用)
  • 研修費(仕事で必要な技術を得るための教育費用)
  • 帰宅旅費(単身赴任先などと自宅の間を行き来する旅行代)
  • 資格取得費(直接業務に必要な資格を取得するための費用)
  • 図書費(業務に関係する書籍にかかる費用)
  • 衣服費(制服や作業着など仕事に必要な衣類の費用)
  • 交際費(接待や贈答などのための費用)

[/st-square-checkbox]

特定支出控除について知らなければ自腹を切って支払ってしまいますよね・・・。しっかり確定申告で取り戻しましょう。

ふるさと納税

ニュースやCMでよく聞くふるさと納税です。地方自治体にふるさと納税という形で「寄付」をするとその寄付に対して控除を受けられます。
ふるさと納税の利点は以下の4点です。

[st-square-checkbox bgcolor=”” bordercolor=”” fontweight=”” borderwidth=”3″]

  • お礼の品がもらえる
  • 税金の控除が受けられる
  • 応援したい地方自治体に寄付ができる
  • 寄付金の使い道を指定できる

[/st-square-checkbox]

離れた自分の故郷のためにふるさと納税というのも良いですよね。しっかり活用しましょう!

ふるさと納税はCMでもおなじみのさとふるで納付しましょう!様々なお礼の品があって楽しいですね!

クレジットカード負債を返済しよう!

クレジットカードの負債は滞納すればするほど、負債額が増えれば増えるほど利息がかかります。

クレジットカードの年利は15%ほどです。資産運用したことある人はピンとくると思いますが、年利15%はとんでもない額です。今の銀行預金金利を考えると分かりやすいですね。クレジットカード金利は貧乏の始まりです。できるだけ早く返済しましょう。

おまけ:固定費をクレジットカードで支払おう!

先ほどと逆説的ですが、固定費の支払いをクレジットカードでするようにしましょう。クレジットカードを使うことで1~2.5%ほどのポイント還元を受けることができます。1%程度でも意外と貯まっていくものです。

注意点はクレジットカードの金利が発生する前に返済する必要があることです。リボ払いは厳禁です。
ほとんどのクレジットカードが当月か翌月一括払いすれば無金利で利用できます。

しっかりとポイントをゲットして節約に励みましょう!

節約の次は収入アップ・資産運用へステップアップ

節約の次は収入を増やす方法を模索したり、資産運用について勉強してみましょう。中々節約だけで資産を築くことは出来ません。副業を始めてみたり、投資信託などを使った資産運用を勉強してみましょう!

[st-kaiwa2]節約をマスターしたら次のレベルへステップアップ![/st-kaiwa2]

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”” fontweight=”” bgcolor=”#7CB342″ color=”#fff” margin=”0 0 20px 0″]こちらの記事もオススメです![/st-minihukidashi]

夢の配当金生活!?株だけじゃない不労所得27種類 不労所得って憧れますよね?年金の様に定期的にお金が入ってくると経済的にも精神的にも安定します。不労所得を作ってしまえば、セミリタ...
ABOUT ME
ノマドFPヒーロー
ノマドFPとはネット上で気軽に相談出来るFP(ファイナンシャル・プランナー)=お金の相談員です。お金の事が大好きで日々お金の勉強をしています。節約・収入アップ・資産運用を中心にお金に強くなる情報を発信しています。