キャッシュレス

【学生可】話題のプリペードカードアプリKyashの登録方法・使い方を徹底解説!

この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。

[st-kaiwa1]キャッシュバックがすごいって噂の「Kyash」ってサービス。どうやって登録するの?[/st-kaiwa1]

このような悩みを解決します!

この記事でわかる事

  • Kyashの登録方法ステップバイステップ
  • Kyashへのチャージの方法
  • Kyashで決済する方法

Kyashの登録方法

まずはアプリをダウンロード

メールアドレスまたはFacebookで登録

[st-kaiwa2]Facebookかメールアドレスどちらでも登録できます。筆者はSNS認証をあまり使わないのでメールアドレスで登録してみました。[/st-kaiwa2]

会員情報を入力する

[st-kaiwa2]会員情報を入力したら次へを押して進みます。本名の確認と生年月日の登録に移ります。[/st-kaiwa2]

電話番号でSMS認証

[st-kaiwa2]電話番号を登録するとSMS(テキストメッセージ)で認証番号が送られてくるので、それを入力します。[/st-kaiwa2]

バーチャルカードの発行

[st-kaiwa2]バーチャルカードを発行するとすぐにネットで使えるようになります。またリアルカードも後から申請することができます。[/st-kaiwa2]

 

[st-kaiwa2]これでバーチャルカードの発行が完了しました!次にチャージ方法について解説していきます。[/st-kaiwa2]

Kyashへのチャージ方法

クレジットカードから自動チャージ(オススメ)

[st-kaiwa2]まずはアプリの一番最初の画面を開きます(ウォレットタブ)。次に自動チャージ設定をクリック![/st-kaiwa2]

[st-kaiwa2]カード情報を入力します。カメラマークを押すとカメラでカードの番号をスキャンすることができます。[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa2]これで自動チャージの設定ができました。自動チャージに設定すると残高0の状態でも普通のクレジットカードのように利用することができます。一番オススメのチャージ方法です。[/st-kaiwa2]

クレジットカードから手動でチャージ

[st-kaiwa2]Kyashではクレジットカードから手動でチャージすることも出来ます。まず最初の画面(ウォレット)からカードを選択します。[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa2]金額を選んで使うカードを選択します。最後にチャージボタンを押して完了です。[/st-kaiwa2]

 

セブン銀行ATMで現金チャージ

[st-kaiwa2]次にセブン銀行ATMで現金チャージする方法を紹介します。最初の画面でセブン銀行ATMを選びます[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa2]すると次のような画面に映ります。指示の通りにATMのスマートフォンでの取引を選択します。[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa2]ATMにQRコードが表示されます。アプリの「QRコードをスキャン」ボタンを押してQRコードを読み取ります。[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa2]最後にATMに現金を入れて終了です。[/st-kaiwa2]

コンビニで現金チャージ

[st-kaiwa2]次にコンビニで現金チャージする方法を紹介します。最初の画面からコンビニを選びます。[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa2]次の画面でチャージ額を選び、名前を入力して「チャージ申請」ボタンを押します。[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa2]次にコンビニの端末で申込書を発券します。申込書をレジまで持って行って現金を支払いましょう。これでチャージ完了です。[/st-kaiwa2]

銀行ATM(ペイジー)でチャージ

[st-kaiwa2]最後に銀行ATM(ペイジー)による現金チャージの方法を紹介します。最初の画面で銀行ATM(ペイジー)を選びます。[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa2]コンビニの時と同じようにチャージ金額を選び、名前を入力して「チャージ申請」ボタンを押します。[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa2]申請完了画面が出ます。これらの各種情報を銀行ATM(ペイジー)で入力します。[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa2]次に銀行のATM側で操作をしましょう。[/st-kaiwa2]

[st-midasibox title=”ATMの操作手順” fontawesome=”” bordercolor=”” color=”” bgcolor=”” borderwidth=”” borderradius=”” titleweight=”bold”]

  1. メニューのペイジーまたは「各種料金支払い」を選ぶ。(金融機関によって表示が異なる場合もあります。)
  2. 「収納機関番号」「お客様番号」「確認番号」を入力
  3. 支払い内容の確認画面が出るので間違いがなければ次へ進む
  4. キャッシュカード・または現金で支払い、チャージ完了

[/st-midasibox]

[st-kaiwa2]ちなみにネットバンクならウェブからペイジーでのチャージを完結することも出来ます。[/st-kaiwa2]

チャージが出来たらネットショッピングで使ってみよう!

バーチャルカードの発行とチャージの設定が出来たら早速使ってみましょう。アプリを立ち上げた画面でカードの情報が確認できます。通常のクレジットカードと同様にネットショッピングで使うことが可能です。

[st-kaiwa2]カード情報を確認しましょう!詳細を押すと次のページで情報をコピペできます。[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa2]次の画面上でカード情報をタップしてコピペできます。ネットショッピングの際に便利です。[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa2]ちなみに一番下のボタンをタップするとカードの利用を一時停止することができます。リアルカードを紛失した際にも安心です。[/st-kaiwa2]

実店舗で使うには?

実店舗で使うにはリアルカードを発行するか、楽天ペイなどのスマホ決済を活用する必要があります。楽天ペイなどのスマホ決済は通常のクレジットカードと同様にカード情報を登録するだけでOKです。

それではリアルカードの発行方法を解説します。

[st-kaiwa2]リアルカードを発行するにはアプリを立ち上げてアカウントタブに移ります。[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa2]次に「リアルカードを申し込む」を押して申し込みフォームに進みます。[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa2]申し込みフォームに情報を入力し、送信を押して完了です![/st-kaiwa2]

 

[st-kaiwa2]リアルカードが届いたら普通のVisaカードとして実店舗でも使えます![/st-kaiwa2]

Kyashは使用履歴も確認できて安心!

Kyashの利用履歴はアプリ上で簡単に確認できます。

[st-kaiwa2]また、決済するとアプリからプッシュ通知が来るので安心です![/st-kaiwa2]

ちなみにKyashは家計簿アプリのマネーフォワードと連携が可能です。マネーフォワードに登録しておくとそのほかのクレジットカードやポイントカード、電子マネーの管理を一括で行うことができます。

2%のキャッシュバックがお得!さらに二重・三重・四重取りも!?

Kyashは決済額の2%をキャッシュバックとして貰えます。決済の翌月末にKyash残高として振り込まれます。あくまでKyash残高なので現金化することはできません。日頃からKyashを使って買い物をする人には問題ないでしょう。

ちなみにKyashのチャージをクレジットカードで行うとクレジットカードのポイントが付与されます。

さらにKyashを楽天ペイなどのスマホ決済と紐付けると楽天ペイ側でもポイントが貰える3重取りが可能になります。店舗のポイントカードも持っていたら4重取りになりますね

[st-midasibox title=”ポイント4重取りの例” fontawesome=”” bordercolor=”” color=”” bgcolor=”” borderwidth=”” borderradius=”” titleweight=”bold”]

  • 楽天カードからKyashへチャージ:1%還元
  • Kyashで決済:2%還元
  • 楽天ペイで決済(支払い元はKyash): 0.5%還元
  • Tポイントカードを利用:0.5%還元(店舗やサービスにより還元率は異なる)
  • →合計で4%のポイント還元を狙えます!

[/st-midasibox]

PayPayやLine Payなど一時的なポイント還元キャンペーンを組み合わせるとさらにポイント還元できそうです。Kyashを活用してガンガンポイントバックしましょう!

ガンガンポイントバックをするためには年会費無料でポイント高還元のクレジットカードを使いましょう。オススメは楽天カードです。ポイント還元1%で年会費はずっと無料です。楽天ペイと組み合わせると普段の買い物でそのままポイントを消費できます。ポイントの使いやすさではダントツナンバーワンです。是非楽天カードを使ってみましょう!

>>楽天カード新規入会キャンペーン

公共料金などには使えないので注意!

公共料金の支払いなど、例外的にKyashが使えない場合があります。

Kyashのウェブサイトより引用です。

オンラインで利用不可能なお店

・一部の月額・継続契約の利用料金のお支払い
毎月の継続的なお支払いや、自動更新手続き(契約)が発生する加盟店などでご利用いただけません。
公共料金/電話料金/衛星放送・CATV視聴料/インターネットプロバイダー利用料/WiMAXサービス利用料/新聞購読料(電子版含む)/保険料/レンタルサーバ/ウオーターサーバ定額サービス/通信教育/各種月会費など
商品の一部が含まれる場合にもご利用いただけない場合がございます。
・航空会社のお支払い
・一部宿泊施設(ホテルなど)のお支払い
・各種プリペイド・電子マネーの購入・チャージ代金のお支払い
nanacoクレジットチャージ/楽天Edy/Vプリカ など
・3Dセキュア導入のサイトでのお支払い
・その他
ご利用先の利用環境や弊社の定めによりご利用いただけない場合がございます。

実店舗で利用できないお店

毎月の継続的なお支払いや、自動更新手続き(契約)が発生する加盟店
一部の月額・継続契約の利用料金のお支払い
ガソリンスタンドでのお支払い
高速道路通行料金でのお支払い
航空会社、航空券予約、購入
ホテル(ホテル内の店舗)でのお支払い
レンタカーのご利用料金のお支払い
各種プリペイド・電子マネーの購入・チャージ代金のお支払い
nanacoクレジットチャージ/楽天Edy/Vプリカ などへのチャージ
公共料金/電話料金/衛星放送・CATV視聴料/インターネットプロバイダー利用料/WiMAXサービス利用/新聞購読料(電子版含む)/保険料/レンタルサーバ/ウオーターサーバ定額サービス/通信教育/各種月会費など

商品の一部が含まれる場合にもご利用頂けない場合がございます。

その他

4桁の暗証番号入力が必要な加盟店(自動券売機、病院の自動精算機など)
ICチップの読み取りが必要な加盟店
ご利用先の利用環境や弊社の定めによりご利用いただけない場合がございます。
オフライン加盟店
(高速道路や機内販売以外にも地方のスーパーなどでもご利用できない場合がございます)
リアルカードは海外の実店舗では使えません
※海外オンラインサイトでのご利用は可能です。

主に月額払いなどが出来ないということですね。その他Apple Payにも対応していないようです。今後の動きに期待したいところですね。

ちなみに月額制サービスでもPayPal(ペイパル)を経由するとKyashでの決済が可能になるようです。方法はPayPal(ペイパル)内の決済手段をKyashにかえるだけです。PayPal(ペイパル)は日本ではあまり普及していませんが、ウェブ系のサービスでは決済手段として使えるところもあります。

例えば音楽配信サービスのSpotifyや動画配信サービスのニコニコ動画などはPayPal(ペイパル)に対応しています。PayPal(ペイパル)自体には手数料はかからないのでお得ですよ!

>>PayPal公式サイトはこちら

 

Kyashを使って決済をよりスマートに・よりお得に!

Kyashは今までクレジットカードを持てなかった人も気軽にネットで買い物できるようになったり、キャッシュバックでお得に買い物が出来る画期的なツールです。是非Kyashを導入して毎日の買い物をよりスマートに・お得にしましょう!

[st-kaiwa2]Kyashでスマートに・お得に買い物をしよう![/st-kaiwa2]

ABOUT ME
ノマドFPヒーロー
ノマドFPとはネット上で気軽に相談出来るFP(ファイナンシャル・プランナー)=お金の相談員です。お金の事が大好きで日々お金の勉強をしています。節約・収入アップ・資産運用を中心にお金に強くなる情報を発信しています。