キャッシュレス

【Kyash】送金・請求方法を画像で解説!メリットやデメリットは??

この記事を読むのに必要な時間は約 20 分です。

 

[st-kaiwa1]Kyashで飲み会の割り勘したいんだけどどうすればいいの?[/st-kaiwa1]

こんな悩みを解決します!

この記事で分かること

  • Kyashでの送金・請求の方法Step By Step!
  • Kyashのメリット・デメリット

そもそもKyashとは??

Kyashとはスマホ上でVisaカードが発行できるバーチャルプリペードカードアプリ(リアルカードもあり)で、オンライン・オフラインでのお買い物だけでなく、Kyash残高の個人間送金ができる画期的なアプリです。

プリペードカードなので、学生でも作ることができます。クレジットカードや銀行ATM、コンビニ支払いなどでチャージして普段のお買い物で使えます。

また、個人間送金機能を使って飲み会代の割り勘なども簡単にできてしまう便利なアプリです!

当記事ではKyashの個人間送金の方法やメリット・デメリットのついて解説していきます。まだアプリをダウンロードしていない人は是非ダウンロードしてみましょう!

ダウンロードが出来たら早速設定してみましょう。設定やチャージの仕方についてはこちらの記事で詳しく解説しているのでチェックしてみて下さい。

 

Kyashの送金・請求の仕方

Kyashの個人間送金は「送金」と「請求」という二つの機能に分かれています。まずは送金の方法から解説していきます。

 

Kyashで送金Step By Step!

[st-kaiwa2]まずはアプリを立ち上げて送金をタップしましょう![/st-kaiwa2]

[st-kaiwa2]次の画面で相手を選ぶをタップします。[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa2]次の画面で相手を選びます。Kyashで送金するにはKyashを使っている人に直接送金する方法と、送金リンクを作ってLineなどで送る方法があります(どちらの場合も受け取りにKyashアカウントが必要)。まずはKyashを使っている人に送ってみましょう。以下の四つの方法で相手を検索できます。

  • ID・名前検索
  • QRコード
  • Facebookの友達から読み込む
  • アドレス帳の友達から読み込む

[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa2]とりあえずFacebookの友達とアドレス帳の友達から読み込んでみました。

モザイクで分かりにくいですが、濃い青のアイコンがついている人達がFacebookから読み込んだ人で薄い青色のアイコンがついている人がアドレス帳から読み込んだ人です。この中から送金したい相手を選びます。[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa2]次に送金する金額を入力します。任意でメッセージや画像を添えることもできます。入力できたら下の確認画面へをタップします。[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa2]確認画面で間違いがなければ下から上へスワイプして送金をしましょう。[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa2]これで送金完了です!それではリンクを作成して送金する方法を解説します。

こちらの画面までは同じです。「送金リンクを作成」をタップします。[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa2]次の画面で送金金額を入力します。[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa2]次の確認画面で間違いがなければ、下からスワイプしてリンクを作成します。この時点で自分のKyash残高が減ります送金をキャンセルした場合Kyash残高は戻りますが、チャージ元(例えば現金)に戻すことはできないので注意しましょう。[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa2]送金リンクができたらコピペしてLineなどで送金相手にURLを送りましょう。[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa2]送金の仕方は以上です。次に請求方法について解説していきます![/st-kaiwa2]

Kyashの請求の仕方Step By Step!

[st-kaiwa2]請求方法は送金方法に似ているのですぐに出来ると思います。まずは画面を開いて「請求」をタップしましょう。[/st-kaiwa2]

 

[st-kaiwa2]次に送金の時と同じ要領で請求リンクの作成、もしくはKyashを使っている友達を選びます。[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa2]Kyashを使っている友達から選んでみます。[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa2]ここで複数人選ぶ事もできます。飲み会の割り勘などで使えそうですね!決定を押して次に進みます。[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa2]請求額を入力しましょう。[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa2]複数人の場合は次のようになります。[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa2]確認画面で間違いがなければ「請求」を押します[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa2]完了画面が出たら終了です![/st-kaiwa2]

[st-kaiwa2]次に請求リンクの作り方です。選択の画面に戻りますね。請求リンク作成をタップしましょう。[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa2]次の画面で請求金額を入力します。[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa2]リンクの作成を押して完了です。あとはリンクのURLをLineなどでシェアしましょう。[/st-kaiwa2]

 

チャージ方法はクレジットカードでの自動チャージがオススメ!

Kyashでは以下のチャージ方法があります。

[st-midasibox title=”Kyashのチャージ方法” fontawesome=”” bordercolor=”” color=”” bgcolor=”” borderwidth=”” borderradius=”” titleweight=”bold”]

  • クレジットカードで自動チャージ
  • クレジットカードで手動チャージ
  • セブン銀行ATMで現金チャージ
  • コンビニで現金チャージ
  • ペイジー(銀行ATM、オンラインバンキング)でチャージ

[/st-midasibox]

オススメのチャージ方法はクレジットカードの自動チャージです。チャージする手間が省けるので非常に便利です。チャージ方法については別記事で詳しく解説しているので参考にしてみて下さい。

 

クレジットカードで自動チャージする際はポイント高還元のクレジットカードを利用しましょう!

オススメは楽天カードです。楽天カードは年会費無料で1%のポイント還元を受けられます。Kyash決済時の2%還元と合わせて3%の還元です。また、スマホ決済の楽天ペイと併用するとさらに0.5%のポイント還元を受ける事ができます。

楽天ポイントは楽天ペイで普段の買い物(コンビニ)などで使えるので放置して無駄にする事もありません。高還元のクレジットカードを持っていない方は是非楽天カードに申し込みましょう!

 

Kyashのメリット・デメリット

[st-kaiwa2]次にKyashのメリット・デメリットを解説します。まずはメリットから![/st-kaiwa2]

Kyashのメリット

決済時に2%キャッシュバック!クレカ・スマホ決済・ポイントカードなどの併用で4重取りも!

2%のキャッシュバックはKyashの一番の売り文句と言っても過言ではありません。キャッシュバックされるKyashの残高はそのままお買い物で使えるので大変便利です。キャッシュバックは決済の翌月末にKyash残高に反映されます。

またチャージ方法をクレジットカードにしたり、楽天ペイなどのスマホ決済と併用して使うと2重・3重・4重とポイントが獲得できます

[st-midasibox title=”ポイント4重取りの例” fontawesome=”” bordercolor=”” color=”” bgcolor=”” borderwidth=”” borderradius=”” titleweight=”bold”]

ファミリーマートで楽天ペイで決済して、Tポイントカードを提示する

  • 楽天カード→Kyashへ自動チャージ:1%還元(楽天ポイント)
  • 楽天ペイの決済手段をKyashに設定:決済時2%還元(Kyash残高)
  • 楽天ペイで支払い:0.5%還元(楽天ポイント)
  • Tポイントカード提示:0.5%還元(Tポイント)

→合計で4%のポイント還元になる!

[/st-midasibox]

Kyashのチャージ方法をクレジットカードで自動チャージにしていれば、楽天ペイを店頭で使うだけで一連の流れが全て完了します。それぞれの店舗のポイントカードを提示すればさらにポイントが還元されてお得です。

ちなみにポイントの管理には家計簿アプリ「マネーフォワードME」がオススメです

マネーフォワードMEでは銀行口座の出入金やクレジットカードの利用履歴、電子マネーやポイントなどを一括で管理できます。自動で家計簿を生成してくれるのでとても便利なアプリです。Kyash残高やTポイント、楽天ポイント残高などを一目で確認できるので是非導入してみましょう。

家計簿マネーフォワード ME

家計簿マネーフォワード ME

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

学生でもVisaカードが作れる

Kyashは学生でも簡単にVisaカードを作れます。本人確認が必要ないので登録も1〜2で終わります。Kyashを使う事で学生でも便利にネットショッピングができるようになりますよ!

 

オンライン・オフラインのVisa加盟店で買い物ができる

Kyashを使えば普通のVisaカードと同様買い物が出来ます。リアルカードを発行したり、スマホ決済などを活用する事で実店舗でも利用が可能になります。

 

年会費・手数料が無料

Kyashは年会費・手数料が無料です。安心して取引する事ができますね。

 

利用額が一目でわかる

履歴のタブで決済履歴を確認する事ができます。決済するとスマホに通知がくるので不正利用をされた場合でもすぐに気づく事ができます。

 

家計簿アプリと連携できる

前述のマネーフォワードMEのような家計簿アプリと連携が可能です。Kyash残高やその他のポイントを一括管理できて便利です。

 

Google PayのQUICPayに対応している

コンビニなどでタッチ式で決済できるGoogle PayのQUICPayに対応しています。Kyashのチャージ元のクレジットカードがQUICPay対応でなくても使えます。非常に便利ですね!

 

個人間送金ができる

当記事で紹介したようにKyashでは個人間送金が出来ます。飲み会の割り勘などに便利です。

 

スマホ上からカードの利用を停止できる

Kyashではスマホ上の操作でカードの利用を停止できます。リアルカードを紛失した際などに不正利用防止に役立ちます。

操作方法は「カードを一時ロックする」の横のボタンをタップするだけです。簡単ですね!

子供のお小遣いの管理にもいいかも!

Kyashの個人間送金機能を活かして子供のお小遣いに使うのもいいかもしれません。子供側からチャージしなくても、親のアカウントから送金すればその金額分しか使えないので安心です。履歴もしっかり残るのでいいですね!

 

Kyashのデメリット

[st-kaiwa2]次にKyashのデメリットも解説します。[/st-kaiwa2]

利用限度額が低い

Kyashには利用限度額があります。利用制限についてKyashのウェブサイトから引用します。

【残高】

ウォレットでの保有限度額は1000万円以下

【送金】

1回あたりの送金限度額は5万円以下
1ヶ月間での送金上限は10万円まで
1回あたり送金できる人数は1人まで
1回あたり請求できる人数は10人まで
※1ヶ月間=1日から末日まで

【決済(購入)】

バーチャルカードのみのお客さま

24時間あたりの利用限度額は3万円以下
1回あたりの利用限度額は3万円以下
1ヶ月間での利用限度額は12万円まで
リアルカード有効化済みのお客さま

24時間あたりの利用限度額は5万円以下
1回あたりの利用限度額は5万円以下
1ヶ月間での利用限度額は12万円まで
※1ヶ月間の利用限度額は、月の途中でバーチャルカードからリアルカードに切り替わった場合、各カード毎の計算となります。

※1ヶ月間=1日から末日まで

【Kyash Visaカード】

有効期限は5年
有効期限内の利用限度額は100万円
有効期限内での利用が100万円を超える際には、Kyash Visaカードを更新することで継続してご利用可能でございます。
上限が近くなったお客さまには弊社よりご案内を差し上げます。

※Kyash残高は更新の際にも引き継がれます。
※Kyash残高の有効期限は無期限です。

利用できない取引がある

Kyashにはいくつかキャッシュバック対象外になる取引があります。主に公共料金などの月額請求には利用できません。Kyashのウェブサイトより対象外取引について引用します。

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”” fontweight=”” bgcolor=”#7CB342″ color=”#fff” margin=”0 0 20px 0″]オンライン取引[/st-minihukidashi]

・一部の月額・継続契約の利用料金のお支払い
毎月の継続的なお支払いや、自動更新手続き(契約)が発生する加盟店などでご利用いただけません。
公共料金/電話料金/衛星放送・CATV視聴料/インターネットプロバイダー利用料/WiMAXサービス利用料/新聞購読料(電子版含む)/保険料/レンタルサーバ/ウオーターサーバ定額サービス/通信教育/各種月会費など
商品の一部が含まれる場合にもご利用いただけない場合がございます。
・航空会社のお支払い
・一部宿泊施設(ホテルなど)のお支払い
・各種プリペイド・電子マネーの購入・チャージ代金のお支払い
nanacoクレジットチャージ/楽天Edy/Vプリカ など
・3Dセキュア導入のサイトでのお支払い
・その他
ご利用先の利用環境や弊社の定めによりご利用いただけない場合がございます。

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”” fontweight=”” bgcolor=”#7CB342″ color=”#fff” margin=”0 0 20px 0″]実店舗[/st-minihukidashi]

毎月の継続的なお支払いや、自動更新手続き(契約)が発生する加盟店
一部の月額・継続契約の利用料金のお支払い
ガソリンスタンドでのお支払い
高速道路通行料金でのお支払い
航空会社、航空券予約、購入
ホテル(ホテル内の店舗)でのお支払い
レンタカーのご利用料金のお支払い
各種プリペイド・電子マネーの購入・チャージ代金のお支払い
nanacoクレジットチャージ/楽天Edy/Vプリカ などへのチャージ
公共料金/電話料金/衛星放送・CATV視聴料/インターネットプロバイダー利用料/WiMAXサービス利用/新聞購読料(電子版含む)/保険料/レンタルサーバ/ウオーターサーバ定額サービス/通信教育/各種月会費など

商品の一部が含まれる場合にもご利用頂けない場合がございます。

その他

4桁の暗証番号入力が必要な加盟店(自動券売機、病院の自動精算機など)
ICチップの読み取りが必要な加盟店
ご利用先の利用環境や弊社の定めによりご利用いただけない場合がございます。
オフライン加盟店
(高速道路や機内販売以外にも地方のスーパーなどでもご利用できない場合がございます)
リアルカードは海外の実店舗では使えません

3dセキュアの取引には対応していない

[st-midasibox title=”3dセキュアとは??” fontawesome=”” bordercolor=”” color=”” bgcolor=”” borderwidth=”” borderradius=”” titleweight=”bold”]

3dセキュアとはクレジットカードの不正を防ぐための新しい仕組みです。決済の際に従来に必要だった情報に加え、「自分しか知らないパスワード」で本人確認を行います。

[/st-midasibox]

上記の引用文の中にもありますが、Kyashは3dセキュアに対応していません。ですので3dセキュアを導入しているネットショップでは使えないので注意しましょう。

ちなみにPayPayは3dセキュアの仕組みを導入していますが、一応Kyashを使う事が可能です。ただし利用額に上限がつきます。

  • 1日に2万円以内
  • 30日に5万円以内

少し心許ないですね。PayPayを使っている方は別途クレジットカードを登録しておいたほうが良いかもしれません。

Apple Payに対応していない

アンドロイドのスマホではGoogle Pay(QUICPay)でKyashが使えますが、残念ながら2019年3月24日現在ではApple Payには対応していません。スマホ決済では楽天ペイなどのQRコード決済は使えます

 

チャージ額や付与された残高は現金化できない

Kyashの残高は現金化することは出来ません。お買い物で使うようにしましょう。

 

送金の取り消しができない

Kyashでは送金の取り消しが出来ません。特にKyashアカウントに直接送金する場合は取り消し不可です

送金リンクを作成する場合は相手が受け取りをしていなければ取り消しはできます。ただし戻ってくるのはKyash残高です。チャージ前の状態に戻すことはできないので注意しましょう。

 

プリペードカードではチャージできない

Kyashはプリペードカードからチャージする事ができません。プリペードカードからチャージできてしまうとポイントだけ刈り取られてしまうからでしょうか?ちなみにKyashから電子マネーなどをチャージしてもキャッシュバックの対象外になるので気をつけましょう。

 

チャージ対応クレジットカードはVISA・Mastercardのみ。JCBは使えない!

残念ながらKyashはJCBには対応していません。VISAカードまたはMastercardを使いましょう。

 

クレジットカード明細から買い物の詳細が分からない

Kyashで決済すると、クレジットカード明細ではKyashと書かれるだけです。細かい買い物内容はクレジットカード明細では分からなくなります。

先ほど紹介した家計簿アプリ「マネーフォワードME」を使えばこの悩みは解決します。KyashとクレジットカードをどちらもマネーフォワードMEに登録しておけば買い物の詳細がわかるようになります。またKyashとクレジットカードの履歴を照らし合わせて、家計簿に二重換算されないように自動で仕分けしてくれるので便利ですよ!

家計簿マネーフォワード ME

家計簿マネーフォワード ME

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

 

Kyashを使ってお支払いをスマートに!

Kyashを使えば2%のキャッシュバックも貰えて、個人間送金で割り勘も簡単です。煩わしいお金のやり取りもスマートにこなせるようになりますよ!是非体験してみてくださいね!

 

[st-kaiwa2]Kyashでスマートにお買い物♪[/st-kaiwa2]

ABOUT ME
ノマドFPヒーロー
ノマドFPとはネット上で気軽に相談出来るFP(ファイナンシャル・プランナー)=お金の相談員です。お金の事が大好きで日々お金の勉強をしています。節約・収入アップ・資産運用を中心にお金に強くなる情報を発信しています。