節約

高いガス代に困ってない?プロパン・都市ガスの節約方法を徹底解説!

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

 

[st-kaiwa1]毎月ガス代が高くて、高くて・・・。どうにかなりませんか?[/st-kaiwa1]

こんなお悩みを解決します!

この記事でわかる事

  • 都市ガスはプロパンガスより安い
  • ガス会社見直しでガス代をずっと節約
  • ガス代をクレカ決済でポイント還元!
  • オール電化でガス代節約
  • 主なガス代はお風呂とキッチン
  • お風呂のガス代の節約方法
  • キッチンのガス代の節約方法

目次

ガス代の節約は契約の見直しから

ガス代の節約には次の三つの選択肢を考えましょう。

[st-square-checkbox bgcolor=”” bordercolor=”” fontweight=”” borderwidth=”3″]

  • プロパンガスから都市ガスへ切り替える
  • オール電化を導入する
  • プロパンガスはそのままで、別の会社に切り替える

[/st-square-checkbox]

それぞれ説明していきます。

プロパンガスから都市ガスへ切り替える

都市ガスはプロパンガスより安い

都市ガスはプロパンガスより安いです。ではそもそも都市ガスとプロパンガスの違いは何でしょうか?簡単に解説します。

都市ガスに切り替えるメリット

ガス料金が安い

都市ガスのメリットは何と言っても料金の安さです。場合によりますが、月額で5000円以上節約できる場合もあります。都市ガスはプロパンガスのように業者が出向いて点検などをする必要がないので、その分料金が抑えられています。また都市ガスはプロパンガスと違い、業者が自由に値段を設定できないので急な値上がりなどもありません。(公共料金として規制がある)

ガスボンベをおく必要がない

その他のメリットはガスボンベをおくスペースがいらない点です。都市ガスは水道管のように地下からガス管を通しているのでガスボンベをおく必要がありません。

都市ガスに切り替えるデメリット

初期費用がかかる

都市ガスに切り替えるにはどうしても初期費用がかかります。場合によりますが、10〜20万円くらいを目安にしておくといいでしょう。

現在の会社の解約金や撤去費用がかかる場合がある

現在のガス会社との契約によっては解約金や設備の撤去費用がかかる場合があります。都市ガスに切り替えを検討する前に現在のガス会社に問い合わせてみましょう。

導入できない地域もある

都市ガスは導入できない地域もあります。事前に導入できる地域か調べてみましょう。例えばこちらのサイトで東京ガスの都市ガス導入エリアが分かります。>>東京ガスの都市ガス導入エリア

オール電化を導入する

オール電化導入のメリット

ガス代より電気代の方が安い

オール電化の導入により、1年間でガス基本料金分の約1万円、給湯費分の約6万円(月約5000円)で年間合計7万円節約できることになります。ガス代が主にかかるところはお湯を沸かす給湯です。オール電化の場合は電気代の安い夜間に給湯をするのでガス代よりお得になります。

光熱費の一本化で料金が分かりやすい

光熱費の請求書が一つにまとまるので分かりやすくなります。またガス代の基本使用料金がなくなるのでお得ですね。

太陽光発電と相性がいい

最近は屋根に太陽光発電パネルをつけている家がたくさんありますね。オール電化にすると太陽光発電と相性が良く、節約になります。すでに太陽光パネルを導入しているお宅には特にオススメです。

>>太陽光発電無料一括見積もりはこちら

オール電化導入のデメリット

初期費用がかかる

オール電化の導入費用は場合によりますが、だいたい60万円ほどです。先ほど説明した通りオール電化による節約効果は年間約7万円なので、元を取るのに約8年半かかります。初期費用は痛いですが節約効果はありますね。また初期費用を分割払いにしたり、リースにする事もできるので一括払いが嫌いな方は分割払いやリースを検討するのもいいでしょう。

昼間の電力は割高

オール電化では昼の電気料金が割高になっている場合が多いです。ピークカットの設定をして給湯などを電気料金が割安な夜間に行う事で節約ができます。

IHクッキングヒーターは好き嫌いが分かれる

IHクッキングヒーターは後片付けやメンテナンスがしやすいというメリットがある反面、調理の際の好き嫌いが分かれます。料理はガスが良いというこだわりを持っている方もいますからね。

停電リスクがある

オール電化は全てエネルギーを電気で賄っているため、停電になると全て使えなくなります。ガスコンロなら停電時にもマッチやライターで点火すれば使えます。便利な反面このようなリスクもあるんですね。

オール電化

プロパンガス会社の見直し

都市ガスやオール電化への切り替えは腰が重いという方!ご安心下さい。プロパンガスの会社の見直しでもガス料金は安くなります。

こちらのサイト「ガス屋の窓口」ではガス料金の自動診断やガス会社切り替え手続きの代行を無料で行ってくれます。まずはガス料金の自動診断をしてみましょう!

ガス料金の支払いをクレジットカード決済にしてポイント還元!

ガス料金の支払いをクレジットカード決済にするとポイント還元で節約ができます。その他の公共料金や家賃などもクレジットカード決済にすればさらにポイントを獲得できます。

例えば楽天カードならポイント還元率が1%なので、ガス料金や家賃などの固定費が毎月10万円なら1000円分ポイントバック出来ます。楽天カードは年会費無料でポイントも使いやすいのでオススメですよ!

>>楽天カード新規入会キャンペーン

ガスの主な消費源はお風呂とキッチン

ここからは実際に日々使える節約法を紹介していきます。

ガスを主に消費するのはお風呂とキッチンです。この二つを節約できればこっちのもんです。それぞれ解説していきますね。

お風呂のガス代の節約法

使わない時は浴槽に蓋をする

浴槽に蓋をしないとお湯がすぐに冷めてしまい、後で追い焚きしたりお湯を足したりするハメになります。面倒くさいかもしれませんが、浴槽に蓋をするように普段から心がけましょう。

追い焚きの回数を減らす

追い焚きを何回もすればその分ガス代もかかってしまいます。出来るだけ追い焚きの回数を減らしましょう。追い焚きの回数を減らすために以下の二点に気をつけましょう。

  • お湯をはったらすぐにお風呂に入る
  • 家族で続けてお風呂に入るようにする

追い焚きよりお湯を加える方が節約できる

実は追い焚きよりお湯を加える方がガスの消費は少なく済みます。ぬるくなったお湯を少し抜いてかなり熱めのお湯を入れてかき混ぜるといいでしょう。

シャワーを出す時間を減らす

40℃のシャワーを1分間だすとガス代が約5.8円かかります。シャワー1分間の水道代は約2円です。

四人家族でそれぞれ一人1分ずつシャワーの時間を短くすると、年間で約1万1388円の節約になります。チリも積もれば山となるといいますが、本当ですね。

一人暮らしならシャワーだけにする

お風呂とシャワーを比較すると一人暮らしならシャワーの方が約20〜40円ほど安くなります。一人暮らしの方はシャワーだけにしておきましょう。

お湯の温度を上げすぎない

お湯の温度をあげるとそれだけガスを消費します。沸かしてから時間を開けて入るから高めの温度に設定しておくという方もいるかもしれませんが、節約的にはもったいないです。出来るだけ温度を上げすぎず、お湯をはったらすぐに入るように心がけましょう

貯めるお湯の量を減らす

貯めるお湯を減らして節約するのもありですね。特に家族のライフスタイルにより入浴時間がバラバラになる人などに有効です。後から入る人はたくさんお湯を追加せずにお湯を温めなおすことが出来ます。

節約グッズを活用する

みなさん節約グッズは使ってますか?節約グッズは導入すれば手軽に節約できるのでオススメです。いくつかオススメの節約グッズを紹介します。

節水シャワーヘッド

お風呂の節約では定番の品です。シャワーから出る水の量を制限できます。

アルミ保温シート

アルミ保温シートはお湯の上にぴったり乗せるだけで保温をしてくれる代物です。安価で手に入り簡単に導入できるのでオススメです。

風呂湯保温器

お風呂保温器はその名の通りお風呂に入れてお湯を保温する器具です。電気タイプもあればレンジでチンするタイプもあります。風呂湯保温器は気軽に導入できるのでオススメです。

自動でお湯を止めるグッズ

自動でお湯が止まるシステムが導入されている家はいいですが、そうでない家はお湯を入れすぎたり止めるのを忘れて浴槽からこぼれてしまっていた経験があると思います。バスタッピーのようなグッズを使うと普通の蛇口でも自動でお湯を止めることができます。ある程度の水位まできたら自動でお湯を止めるように設定できます。簡単に導入できるのでオススメです。

キッチンのガス代の節約法

鍋物を調理する際には鍋蓋をする

鍋物を調理する際には鍋ぶたを使いましょう。熱気が逃げていくのを防いで効率的に温めることが出来ます。

コンロの炎が鍋やフライパンからはみ出さないようにする

鍋やフライパンからはみ出した炎は無駄なエネルギーになってしまいます。炎がはみ出さないように注意して調理しましょう。

鍋底の水を拭き取ってから調理する

火は水に弱いというのは直感的に分かりますよね?鍋が濡れていると温めるために余計なエネルギーが必要になります。鍋底の水は拭き取ってから調理するようにしましょう。

圧力鍋を活用する

圧力鍋を使うと煮物などを短時間で作れます。短時間で作れればそれだけガスの消費量も減るのでガス代の節約になります。

出来るだけ一つのフライパンや鍋を使う

一つ料理を作ってまた別の料理を同じフライパンで・・・このように料理をすればフライパンや鍋を再度冷たい状態から温める必要がありません。地味な節約法ですが試してみましょう。

電子レンジを活用する

電子レンジを活用すればコンロを使う時間を短縮できます。例えば大根のステーキを作る時は先に大根をレンジでチンしておくと柔らかくなり、調理が簡単になります。ガス代の節約だけでなく、時短にもなるのでオススメです。

冷蔵庫で自然解凍する

冷凍したものをそのまま調理することはありませんか?冷凍したものを解凍しながら調理するとじっくり長い時間かけて温めなければなりません。事前に冷蔵庫で自然解凍してから調理するようにしましょう。

料理の作り置きで調理回数を減らす

料理の作り置きをしておけば調理回数が減り、ガス代の節約になります。もちろん時間短縮もできて楽チンなのでオススメですよ!

石油ストーブの熱で料理してみる

原始的な発想ですが、石油ストーブの上の部分の熱を利用して調理してみましょう。お湯をわかすだけでもいいですね。どうせ使ってしまうエネルギーですからしっかり活用しましょう。

調理用の水は常温保存する

調理用の水にペットボトルの水を使っている方は常温保存するようにしましょう。多くの場合調理用の水は温めると思います。常温の水を温める方が節約になります。

ペットボトルを黒く塗って外に置いておく→お湯になる

こちらは面白い方法です。ペットボトルを黒く塗って日中外に置いておくと、特に夏はかなり暖かくなります。調理用の水にオススメです。

電気ケトルを活用する

プロパンガスを使っている場合はやかんを使うより電気ケトルの方が光熱費が安くなります。

[st-midasibox title=”1Lの水を沸かすのにかかる光熱費” fontawesome=”” bordercolor=”” color=”” bgcolor=”” borderwidth=”” borderradius=”” titleweight=”bold”]

  • 電気ケトル:約2.7円
  • やかん(プロパンガス):約3.36円
  • やかん(都市ガス):約1.97円

[/st-midasibox]

利便性でいうと電気ケトルに軍配が上がるのでプロパンガス利用の方は電気ケトルを使ってみましょう。

食器洗いは節水コマ&冷水洗いで

食器を洗う時の温水もガス代がかかっているので、できれば冷水で洗いましょう。冷水が苦手な人は付け置きをして最後に温水で濯ぐようにしましょう。

また、蛇口には節水コマを付けて節水するようにしましょう。洗面所の蛇口などにも良いですよ。

ガス代節約のためにガス会社を見直そう!

色々と節約方法を紹介しましたが、一番手っ取り早い節約方法はプロパンガス会社の見直しとクレジットカード決済によるポイント還元です

都市ガスへの変更やオール電化の導入は長期的には魅力的ですが、初期費用が重荷になるという方もいると思います。まずは簡単に変更できるプロパンガス会社の見直しから始めてみてはいかがでしょうか?

[st-kaiwa2]ガス会社の見直しで毎月節約![/st-kaiwa2]

 

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”” fontweight=”” bgcolor=”#7CB342″ color=”#fff” margin=”0 0 20px 0″]ガス代の節約が出来たら電気代の節約にも挑戦しよう![/st-minihukidashi]

【お手軽節約術】電気料金がずっと安くなる方法!【結論:電力会社乗り換え】 [st-kaiwa1]毎月毎月電気代の支払いが大変。楽に節約できる方法はないのかしら・・・?[/st-kaiwa1] こん...
ABOUT ME
ノマドFPヒーロー
ノマドFPとはネット上で気軽に相談出来るFP(ファイナンシャル・プランナー)=お金の相談員です。お金の事が大好きで日々お金の勉強をしています。節約・収入アップ・資産運用を中心にお金に強くなる情報を発信しています。