節約

節約で1000万円貯金する秘訣!究極の計画・実践方法を大公開

この記事を読むのに必要な時間は約 16 分です。

貯金1,000万円というのは貯金の一つの大台ですよね。1000万円貯めるとなるとしっかり計画的に節約や貯金をしなければなりません。そこで、当記事では簡単にできる貯金の計画の立て方と節約法を交えた実践の仕方を紹介します。

目標から計画を立てよう!

まずは目標を仮定して、計画を立てていきましょう

例えば10年で1000万円貯めたいとします。つまり、1年間に100万円貯める必要があります。月に5万円・ボーナスで40万円を貯めると達成できます。

自分の給料と照らし合わせて現実的に可能な貯金額か吟味しましょう。可能であれば、計画をそのまま進めましょう。不可能であれば、目標期間を長くするか、収入を増やす方法を検討しましょう。

計画は最初は大まかな数字でも大丈夫です。実践していきながら微調整していっても大丈夫なので安心して下さい。

それでは計画の流れをマッピングしてみました(画像です)。

1000万円を貯める計画の実践

それでは大まかな計画が出来たら早速実践していきましょう。実践しながら計画を微調整して固めていくようなイメージでOKです!

1000万円を貯める計画の実践:節約編

家計簿をつけて正確に支出を把握しよう!

家計簿を付けると何にお金を使っているかが一目瞭然になります。最近は家計簿アプリもあり、半自動で家計簿を付ける事が可能です。例えば、マネーフォワードという家計簿アプリならクレジットカードや銀行口座、電子マネーなどを紐づけて、自動で家計簿を生成してくれます。食費や通信費などジャンル分けも自動でしてくれるので、大変便利です。現金払いした時もその場で手入力したり、レシートを読み込むこともできます。出来るだけ家計簿を自動化するために、クレジットカード決済をするようにすると便利です。また、クレジットカードはポイント還元もあるので、一石二鳥です。このような家計簿アプリを使ってお金の流れを見える化すると、節約のモチベーションも上がりますよ!

固定費を見直そう!

節約の基本は固定費の節約です。固定費とは、家賃や通信費など毎月月極めでかかる費用です。一度見直してしまえば継続して節約効果があるので、非常にコスパが高いです。まずは固定費の見直しから始めてみましょう!

固定費の節約方法については別記事で詳しく解説しているのでチェックしてみて下さい。

無駄な出費=浪費を特定・削減しよう!

固定費の節約が出来たら次は家計簿から無駄な出費を特定します。前述の家計簿アプリを使うと出費カテゴリーが円グラフで見れますので、自分が何にお金を使っているかがはっきり分かります。

出費を確認して、それが本当に必要か振り返ってみましょう。

  • 必要以上に外食や飲み会による出費はなかったか
  • 衝動買いによる余計な出費はなかったか
  • 使っていない月額制サービスなどをそのまま放置していないか

細かい節約をする前に、簡単に節約できるところから始めましょう。

節約テクを駆使して出費削減!

固定費と無駄な出費を削減できたら、節約テクを学んで出費をとことん削減していきます。食費・水道光熱費・娯楽費など節約できるところはとことん節約します。

別記事に色々な節約アイディアを紹介しているのでチェックしてみて下さい。

ここまでで、固定費の削減→浪費の削減→細かな節約

という三段階で節約を紹介しましたが、細かな節約というは中々大変です。仕事で忙しい方や、人によっては節約に向ける努力を副業に向けた方が良いと考える方もいるでしょう。それでも少なくとも固定費の削減は実践するようにしましょう。継続的に節約効果があるので長期的に見ればかなりの節約になります。

1000万円を貯める計画の実践:貯金編

目標期間の再設定

ここまで来たら毎月いくら貯金が可能かというのが正確に分かっていると思います。当初の計画と比べて、目標期間を再設定しましょう。ここで最初決めた目標期間より短くできる場合や長くなってしまう場合があるかと思います。それに一喜一憂することなく、淡々と目標を再設定して貯金の実践に移っていきましょう!

先取り貯金で確実に貯金しよう!

先取り貯金とは、先に貯金する分のお金を引いて、残ったお金で家計をやりくりする事です。ここまでの段階で自分が無理なく貯金できる金額を把握できているはずなので、その金額を先取り貯金します。

先取り貯金をするために、まず貯金用の銀行口座を作りましょう。給与の振込口座に給与が振り込まれたら一定額を自動で貯金用口座に移すようにします。

住信SBIネット銀行とイオン銀行は無料で定額自動入金が可能なのでオススメです。

ボーナスも貯金に回そう!

ボーナスは使ってしまいたい気持ちも分かりますが、貯金の大きな助けとなるのでできれば貯金に回しましょう。ボーナスを貯金に回すメリットは毎月の貯金額を少なくすることができるので、家計を圧迫しにくくなることです

ボーナスは貯金せずに、毎月の貯金額を増やしても結局同じことなのですが、毎月の貯金額が大きいと家計をやりくりする際の精神的な負担にもなります。無理なく貯金を継続していくためにも、ボーナスの貯金をオススメします。

貯金は普通預金で始めよう!

貯金用の口座を作るとき、定期預金にするか普通預金にするか迷うと思います。現状では定期預金金利は非常に低く、長期で資産を拘束する価値があるかというと疑問です。その点普通預金はいつでも引き出せます。貯金がたまってきて投資を始めたりするときもすぐお金を動かせますね。

実は普通預金でも金利が0.1%前後つく銀行があります

  • イオン銀行
  • 楽天銀行
  • 東京スター銀行

それぞれ高金利を獲得する条件がありますが、条件は簡単にクリアできます。今回貯金用という観点では、無料の自動入金機能があるイオン銀行に軍配が上がります

これらの銀行について解説した別記事がありますので、そちらもチェックしてみて下さい。

1000万円への道:継続あるのみ!

ここまで出来たら後は計画にしたがって淡々と貯金をしていくだけです。1000万円の貯金は大きな壁ですが、そこを乗り越えていけば資産形成の次のレベルに進めると思います。貯金や節約は地味な作業ですが、将来の為に頑張りましょう!

 

番外編1:収入を増やそう!

当記事では節約を主体にした貯金方法を紹介しましたが、当然収入を増やせば貯金できる額も増えます。ここでは収入を増やせる方法を模索してみましょう。

スキルアップによる昇進を目指す!

当然昇進すれば給料は上がります。昇進する為には特定のスキルや資格を条件とされている場合もあります。もし、自分の職場で求められているスキルや資格があれば、積極的に取得していきましょう。

資格の勉強で有名なのがユーキャンですね!色々な資格の講座があるのでチェックしてみましょう!

>>ユーキャンの全講座一覧

副業で収入を増やす!

最近話題の副業です。副業というと何をしたらいいか分からないという方も多いと思います。基本的に副業をする場合は、自分の好きなことや得意なことを生かしていくのが良いでしょう。本業で培った知識を生かして情報発信したり、コンサルティングするなどもいいと思います。

オススメしないのはアルバイトのような時給制の仕事です。すでに本業で多くの時間を費やしているので、時給で働くのは限界があります。副業は自分のスキルアップになったり、事業資産として構築していけるようなものがベストだと思います

とはいえ最初から副業について堅苦しく考える必要はありません。まずは雇用以外でも稼げるんだというのを体験してみるのがいいでしょう。
副業については別記事でも解説しているのでチェックしてみて下さい!

転職して収入を増やす!

現在の職場よりも良い条件の仕事が見つかりそうなら転職を検討するのも良いと思います。現職での経験を生かして、かつ新しいスキルや資格などを取得していけば有利な条件で転職できるはずです。

また、給料だけでなく労働環境も大切です。もし今勤めている会社がいわゆるブラック企業で、副業する暇がないほど働いているという状態であれば、転職を考えるべきでしょう。転職で給料が上がるのがベストですが、残業などの拘束時間の増減も視野に入れて下さい。仮に転職で少し給料が下がっても、残業がないなど、拘束時間が短ければその分副業して総収入を増やすこともできます

とはいえ転職するからには給料を増やしたいものです。2019年現在では多くの求人が出ています。その中でも条件の良い職場をしっかりと見極めていきましょう。

高給料の求人を探すのにオススメなのがビズリーチです。ビズリーチは会員制のハイクラス求人・転職サイトで、年収600万円以上を目指したい方にオススメです。自分のスキルをしっかり磨いて、条件の良い仕事につけるように頑張りましょう!

>>ビズリーチの公式サイトはこちら

スキルアップ・副業・転職の三つをバラバラに考えるのではなく、総合的に収入を増やせる方法を模索していきましょう!

知らないと損!補助金もらってますか?

裏技的ですが、補助金も立派な収入源ですよね?実は日本にはたくさんの補助金制度があり、社会的弱者や子育て世代などをしっかりサポートする制度が整っています。例えば以下のような補助金があります。

例)

  • 児童手当
  • 出産育児一時金
  • すまい給付金
  • 傷病手当金
  • 基本手当(失業給付)

このようにたくさんの補助金があります。しかし、これらの補助金は基本的に申請ベースなので、申請しなければ貰えません。貰えるものは貰わないと損ですし、今対象ではなくてもいつか対象になるかもしれません。

補助金については別記事で詳しく解説していますので、そちらをご覧ください。

番外編2:貯金が出来たら資産運用へステップアップ!

節約を身につけて、収入も増やせたら貯金はどんどん進みます。次のステップとして、資産運用を始めてみましょう。資産運用と言われるとプロがするものすごく難しいものと思われがちです。しかし、実はとても簡単なんです。ここで資産運用方法を簡単に解説します。

投資信託→インデックスファンドを活用する

資産運用には投資信託と呼ばれるものを活用します。投資信託とは投資家からお金を集め、一定の方針で運用するファンドです。投資信託を使うので、みなさんがどの会社の株式を買えば良いかを考える必要はありません

投資信託の中でも、インデックスファンドというものを活用します。インデックスファンドとは例えば日経平均株価などの指数に連動するように運用される投資信託です。オススメは世界経済の株価指数にそって運用するインデックスファンドです。一つの投資信託で全世界に分散して投資出来ます。

インデックスファンドを選ぶ理由は、

  1. ファンドを選定する能力が必要ない(誰でも出来る)
  2. 歴史的に、インデックスファンドはアクティブファンド (プロが独自の判断で運用するファンド)より成績が良い。

という二つの理由が挙げられます。

同様に債券のインデックスファンドもあります。債券は国内債券と海外債券があります。国内債券を中心にすると良いでしょう。ちなみに我々の年金の超過積立金を運用するGPIFは国内債券35%・海外債券15%・国内株式25%・海外株式25%の比率で運用しています(2019年2月現在)。現在は日本は超低金利なので、債券を現預金(定期預金・普通預金など)に置き換えるのもありだと思います。当記事でも紹介した通り、普通預金でも利息が0.1%もつく銀行もあるので、しばらくはそれで代用するのもありですね。

インデックスファンドは信託報酬が低いものを選びます。信託報酬とは運用手数料のようなものです。成績にかかわらず毎年かかる費用です。

株式と債券を一定の比率で保有する

私たちが実際に行う運用方法としては債券と株式のインデックスファンドを一定の比率で保有しながら、年に1〜2回比率を元に戻すリバランスを行います。比率でよく言われるのが、自分の年齢分だけ債券を保有するというやり方です(例えば30歳なら債券を30%保有する)。リスク許容度は個人で異なるので、自分にそった比率を決めましょう。

資産運用はたったこれだけでOKなんです。期待リターンはリスク許容度によって年利2~9%ぐらいです。これは平均なので、マイナスになる年もあります。しかし、長期的には右肩上がりに資産が増えていきます。

証券口座を開設しよう!

資産運用はインターネットで簡単に始めることが出来ます。オススメは楽天証券です。楽天銀行と連携すれば普通預金金利が0.1%になるのが魅力的です。また、クレジットカード決済での投資信託の購入や、楽天ポイントで投資信託を購入することができ、大変便利です。つみたてNISAやiDeCo(確定拠出年金)などの税優遇制度も活用できるのでオススメです。税金はボディーブローのようにじわじわ成績に影響します。つみたてNISAやiDeCoはガンガン活用していきましょう!

>>楽天証券口座開設はこちらから

ロボアドバイザーもオススメ!

ここまで資産運用の方法を解説しましたが、それでもよく分からないという方や面倒だと思う方もいると思います。そんな方にはウェルスナビなどのロボアドバイザーによる完全自動投資がオススメです

基本的に入金して放置するだけで運用してくれます。事前に運用方針を自動で診断してくれるので、自分のリスク許容度にあった運用ができます。また、先取り貯金のような感覚で、自動入金も可能です。特別口座(源泉徴収)にも対応しているので、確定申告も必要ありません。

デメリットはつみたてNISAやiDeCoには対応していないと言うことです。今後対応していくことを期待したいですね。

またウェルスナビは運用手数料が年間1%かかります。インデックスファンドが0.1%台なのを考えると割高です。しかし資産運用の知識がない方や自分で売買する時間がない方などに重宝されている優良サービスです。自動で資産運用をしてもらい、自分は本業に集中しましょう!

>>ウェルスナビの登録はこちらから

最後に

いかがでしたか?今回は1000万円を貯める計画・実践法と収入を増やす・資産運用を始める方法を紹介しました。資産形成は長い道のりですが、継続が一番大事です。コツコツ積み立てていって1000万円を目指しましょう!

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”” fontweight=”” bgcolor=”#FFB74D” color=”#fff” margin=”0 0 20px 0″]こちらの記事もオススメです![/st-minihukidashi]

今の仕事の給料に満足してる?年収アップに役立つスキル・資格4選 皆さんは今の給料に満足していますか?給料をアップするには実績を積むのが一番確実ですが、スキルや資格の習得でも給料アップを狙える場...
ABOUT ME
ノマドFPヒーロー
ノマドFPとはネット上で気軽に相談出来るFP(ファイナンシャル・プランナー)=お金の相談員です。お金の事が大好きで日々お金の勉強をしています。節約・収入アップ・資産運用を中心にお金に強くなる情報を発信しています。