節約

賃貸物件(アパート・マンション)を安く借りる方法を徹底網羅!【下調べと条件交渉が大事!】

パチロー
パチロー
引越しを考えてるけど、家賃を安くする方法ないかな?引越しとか賃貸の初期費用を安くできないかな?

 

こんな疑問にお答えします!

この記事でわかること
  • まずは自分で調べることが重要!
  • 家賃の差がつくポイント
  • 仲介手数料は無料に出来る
  • 繁忙期は避けよう
  • 初期費用を把握しておこう
  • 条件交渉する項目を知ろう
  • 複数者見積もりが大事!

 

\引越しの際には必ず一括見積もり!/

大事なことはまず自分で調べること!

賃貸や引越しに限った話ではありませんが、まずは自分で色々と調べてみることが重要です。

適当に選んだ業者の言うがままにことを運んでいてはぼったくられてしまうこともあります。

パチロー
パチロー
なんでも言われるがままに契約しがちだ・・・。

 

とにかくなんでも複数社見積もりを出す癖をつけましょう。

 

有名な会社だからといって安心は出来ません。

しっかりと自分の目で比べて判断しましょう。数字は嘘をつきません。

 

特に家賃は毎月の支出の中でも大部分をしめる出費です。

引越しの際には初期費用も多くかかります。

  • 家賃は妥当か?
  • 初期費用は妥当か?
  • 引越し代は妥当か?
  • 仲介手数料は妥当か?

などなど、しっかり下調べ・準備をして臨みましょう。

 

ヒーロー
ヒーロー
心構えができたら、実際に使える知識を学んでいこう!

家賃の差がつくポイント

ヒーロー
ヒーロー
家賃の差がつくポイントをまとめてみたよ!
  • 立地(駅は近いか・交通の便は良いかなど)
  • 築年数
  • 部屋の広さや間取り
  • 建物の構造(鉄筋コンクリートか木造か・マンションかアパートかなど)
  • 設備の充実

全ての条件をクリアする必要はありません。

自分の好みやライフスタイルに応じて、どのポイントで家賃を安く出来るか考えてみましょう

 

例えばよくありがちなパターンとして、都心の仕事場から遠くても家賃の安い郊外に住むと言うパターンがあります。(立地)

しかし家賃が上がっても仕事場に近い方が時間が節約できて良いと言う人もいるでしょう。

 

そのような場合は狭めの部屋で家賃を落とすなど、違うポイントで家賃を抑えていきましょう。

ちなみに適正家賃は手取り収入の3割程度と言われています。物件選びの際に参考にしてみましょう。適正家賃については下記の記事でも触れています。
【賃貸向け】入居後でもOK!家賃と火災保険の見直しで住居の固定費を節約する方法【交渉のコツ】 こんなお悩みを解決します! \お金の知識を身に付けろ!/ お金のパーソナルトレーニング無料体験に...

【下調べ】費用削減のポイント:条件で調べる

物件を決める際には不動産仲介サイトなどを使うことが多いと思います。

物件を探す時にいくつかの条件を絞って検索してみるといいですよ!

 

費用を削減につながるポイントをいくつか挙げてみます。

  • 礼金ゼロ、あるいは少ない物件から探す
  • フリーレント付き物件(一ヶ月無料)を探す
  • 家具・家電付きの場合は相場と見比べる
  • 敷金ゼロの場合はその他の費用を確認する(その他の費用に転嫁されてない?)
  • 共益費・管理費が適切か調べる

初期費用は特にチェックしておいた方が良いですね。

もちろん実際に契約する時に交渉はしますが、初めから条件がいいことに越したことはありません。

【前提知識】物件はどこの仲介業者からでも借りられる

パチロー
パチロー
良さげな物件見つけた〜!早速ポッチっと・・・

 

ヒーロー
ヒーロー
ちょっと待って!その物件は色んな仲介業者が扱ってるよ。仲介業者は比べてみた?

 

パチロー
パチロー
ファ!?

 

同じ物件でも色んな仲介業者を経由して借りることができます。

 

物件はレインズという不動産物件情報交換のネットワークシステムに登録されて、不動産業者はそのデータベースにアクセスするという仕組みになっています。

レインズとは、Real Estate Information Network Systemの略で、不動産物件情報交換のためのコンピュータネットワークシステムです。
不動産流通機構の近代化方策として建設省(現国土交通省)が企画し、不動産情報の標準化・共有化を目的に1990年に作られたネットワークシステムです。
レインズは、国土交通大臣の指定を受けた「指定流通機構」である全国4つの公益法人((財)東日本不動産流通機構、(財)中部圏不動産流通機構、(財)近畿圏不動産流通機構、(財)西日本不動産流通機構)によって運営され、全国の不動産業者が加入しています。レインズでは標準化された不動産情報が登録され、ネットワークを通じて会員(不動産業者)に公開されます。

引用:LIFUL HOME’S

仲介業者がたくさんあると言うことは、それぞれの業者によって色んな費用が異なってくるわけです。

どの業者でも物件は同じなので、仲介業者にかかる費用は出来るだけ抑えた方が良いですよね?

 

例えるならiPhoneをau・ドコモ・ソフトバンクが販売しているような感じです。

同じ製品なので安い方が良いですよね?

 

もちろん一部専任売買といって独占的に扱われている物件などもありますが、ごく一部なのであまり気にする必要は無いでしょう。

仲介手数料が無料のサイトを使おう!

仲介手数料関係で節約する際は次の2つのポイントに着目しましょう。

  • 仲介手数料は無料に出来る場合が多い
  • 広告費のキャッシュバックを狙う

 

最近は仲介手数料が無料の不動産紹介サイトも増えています。

不動産は地域性があるので必ず無料になるとは限りませんが、検索してみましょう。

 

ちなみに仲介手数料は上限が規定されており、上限は管理費や共益費を含まない家賃の一ヶ月分です

これは国土交通省の「宅地又は建物の売買等に関して受けることができる報酬」の項目に記載されてます。

>>参考リンク:宅地建物取引業法関係(国土交通省)

上限を知っておくだけでもボッタクリを防げますね。

 

 

また仲介業者からキャッシュバックをもらえる場合もあります。

パチロー
パチロー
手数料無料どころか、キャッシュバックってどう言うこと?

 

ヒーロー
ヒーロー
簡単に言うと仲介業者は家主から広告料をもらっていて、それがキャッシュバックの原資になっているんだ。

仲介業者は借主(入居者)・貸主(大家さん)両方から紹介料を取っている場合があります。

なのでそもそも入居者から手数料を取らなくても儲かる仕組みになっています。

むしろ入居者にキャッシュバックしてお釣りがくるくらい大家さんから広告費をもらっているということですね。これがキャッシュバックのカラクリです。

 

ということで、仲介手数料無料・キャッシュバックを意識しつつ複数業者の一括見積もりをすると良いですよ。

物件を決める→どの不動産屋が一番安く借りれるか一括見積もり

という流れです。

 

関東ならYeah(イエー)というサイトがオススメですね。

広告料もバックできるのでなおさら良しです。

>>Yeah!で探す!安心・格安のお部屋探し

 

その他の地域でも複数社一括見積りを出せば仲介手数料無料などの好条件の業者が見つかるはずです。

必ず複数社見積もりをしましょう!

物件内見時の注意

物件を見つけたら複数社見積もり!と言いましたが、その前に物件を内見しますよね?

大手サイトで物件を見つけて内見、という流れになるかと思います。

 

内見時の注意は手付金を先に入れないことです

席取り用の前金のようなものですね。

 

先ほどから何度もいっているように、仲介業者は複数比較した方がいいです。

なので内見時はそのまま決めずに、見積書をもらって一旦引きましょう。

 

仲介業者は契約を決めてしまいたいので手付金を取ろうとしますが、違う業者にした場合後々帰ってこないなどのトラブルにもなりかねないので、払うのは避けましょう。

仲介業者が何と言ってもあなたに手付金を払う義務はありません。

 

またよっぽどの大人気物件でなければすぐに埋まってしまうようなことも無いですので安心して下さい。

 

  • 内見は本当に物件を見るだけ!
  • 見積書をもらって一旦引く
  • 複数社一括見積もりを出す

以上の三点を心に留めておきましょう。

 

ミドルマン(仲介業者)を無くすのもあり

何事もミドルマンが多いほど手数料などを中抜きされて行きますよね?

上記で仲介手数料が無料も可能と言いましたが、それ以外のところでも仲介業者は色々中抜きしているものです。(後で説明します。)

 

なのでそもそもミドルマンを少なくする=管理会社または大家さんと直接契約すると余計な手数料を節約することができるのです

 

管理会社や大家さんと直接契約することで以下のようなメリットがあります。

  • 家賃や初期費用の交渉がしやすい
  • 諸々の仲介手数料の中抜きがない
  • 入居後なども相談しやすい

 

総合サイトや不動産会社各企業の物件ページなどで気に入った物件を見つけたら、管理会社に直接コンタクトしてみましょう。

物件の管理会社の情報がネットで見つけられない場合は、グーグルマップで建物を調べてみる手もあります。

 

だいたい建物の外側に管理会社の連絡先が書いた看板があったりします。

また自分の行ける圏内なら直接見にいくのもありです。

 

ただし管理会社が不動産管理業務に特化していて不動産賃貸は別の会社に任せているという場合もあります。その場合はダメですね。

とはいえ一回電話して何か失うわけでもないので、どんどんトライしてみましょう。

 

また大家さんが直接入居者を募集しているウチコミというサイトもあります。

良ければ活用してみて下さい。

>>大家さんが直接募集するサイト:ウチコミ

繁忙期(引越しシーズン)は避けよう!

パチロー
パチロー
避けた方が良い時期ってあるの?

 

ヒーロー
ヒーロー
一般的に繁忙期は避けた方がいいね。2・3月、9〜11月あたりは避けたほうがいいかな。

 

引越しシーズンとなる2・3月や9〜11月あたりは避けたほうがいいでしょう。

引越し代が高くなったり、交渉がしにくかったりします。

 

逆に5・6月は交渉し易いと言えます。

また閑散期の平日を狙えば引越し代も安くすることができます。

 

とはいえ、引越し時期が決まってるという人もいると思うので、無理に時期にこだわる必要はありません。

あくまで一つのポイントとして覚えておきましょう。

初期費用をシミュレーションしてみよう!

パチロー
パチロー
賃貸の初期費用っていくらぐらいかかるんだろ・・・。

 

ヒーロー
ヒーロー
初期費用は条件によるよね。パチローくんの場合をシミュレーションしてみよう。

 

一人暮らしのパチローくんを例に初期費用のシミュレーションをしてみましょう。

家賃6万円の物件に引っ越すという条件で、以下のような費用が考えられます。

家賃 6万円
敷金 6万円
礼金 6万円
*前家賃 9万円(日割り3万円+翌月分6万円)
仲介手数料 6万円
火災保険料 1万円
鍵交換料 2万円
クリーニング代 3万円
保証会社加入料 3万円(家賃の半分)
合計 42万円
前家賃とは、入居時に契約した月に翌月分の家賃を前払いする仕組みです。通常入居月の日割り分と翌月の一ヶ月分の家賃を支払います。
パチロー
パチロー
結構初期費用がかかってくるんだね・・・。

 

ヒーロー
ヒーロー
そうだね。だいたい家賃の4〜7ヶ月分と思ってくれたらOK!

 

パチロー
パチロー
多い・・・。

 

ヒーロー
ヒーロー
大丈夫!次の章でこの初期費用も含めた条件交渉について解説するよ!

 

条件交渉をしよう!

ヒーロー
ヒーロー
まずは条件交渉すべき項目と優先順位を知ろう!
項目 優先度(高・中・低)
家賃
共益費・管理費
敷金
礼金
仲介手数料
保証会社加入料
火災保険
ハウスクリーニング
鍵交換費用
害虫駆除・室内消毒
町会費などその他費用
パチロー
パチロー
さっきのシミュレーションでない項目もあるね。

 

ヒーロー
ヒーロー
うん。いらないオプションみたいなのを付けられる場合があるからどんどん交渉していこう!それぞれ解説していくね!

 

家賃の交渉:優先度高

家賃の交渉は最優先項目です。

そもそも相手も値下げを想定して最初から割高な値段設定にしている場合もあります。

 

値下げ幅は家賃の値段によって変わってきますが、以下の数字を目安にしてみましょう。

  • 家賃が7万円以上なら5000円くらいの値引き交渉
  • 家賃が7万円以下なら3000円くらいの値引き交渉

 

毎月5000円節約=毎年6万円です。10年たてば60万円の節約になります。

チリも積もれば山となるとはこのことですね。

共益費・管理費:優先度低

共益費・管理費はマンションの共有スペースにかかる管理費です。

共益費は占有面積や階層によって異なります。

 

交渉してみても良いですが、優先度は低めです。

敷金:優先度高

敷金は家主に預けておくお金で、退去の際に補修経費を引いた分が戻ってきます。

補修とは例えば退去時にもともと備え付けられていた設備が壊れている場合などです。

 

敷金については必ず交渉しましょう。後々戻ってくる・こないのトラブルにもなり得ますからね。

 

余談ですが、備え付けの設備が壊れている場合、引っ越す前に大家さんか管理会社に連絡してに直しておいてもらった方が良いです。

 

これは筆者の体験談ですが、引越しの際、備え付けのランプが壊れていたのを放置したため、敷金からしっかり引かれてしまいました。

引越し前にきちんと連絡して直しておけばかからなかったお金です・・・。

 

余計なお金をかけないように日頃から心がけましょう!笑

敷金はいくら戻ってくる?賃貸の退去費用を抑える方法【知識で身を守ろう!】 こんな疑問にお答えします! \引越しの際には必ず一括見積もり!/ 無料一括見積もりをする 敷金...

礼金:優先度高

礼金は大家さんへの謝礼のお金です。

パチロー
パチロー
謝礼・・・?むしろこっちが客なんだし、お礼される側なんじゃ・・・?

 

ヒーロー
ヒーロー
そうだねwツッコミどころのある礼金だけど、まあそういう習慣が残ってるってことだね。

 

礼金の交渉は優先度が高いです。

家賃交渉に失敗した場合なども積極的に交渉しましょう。

 

不動産会社や大家さんから見れば一回きりの支払いなので、家賃が下がるよりマシです。

 

また大家さんは礼金を求めないと言っているにも関わらず、仲介業者が請求して中抜きしている場合もあります

そういう場合も交渉すればゼロにすることも可能かもしれません。

 

しっかり交渉しましょう!

仲介手数料:優先度高

仲介手数料についてはすでに説明した通り、初めから仲介手数料無料の業者を選びましょう。

仮に無料ではない業者の場合でも交渉の余地はあります。

 

すでに説明した通り、仲介業者は借主(私たち)と大家さんの両方からお金を取っています。

私たちの仲介手数料を無料にしても儲かる仕組みなので、仲介業者からしたら契約数を増やす方が優先です。

 

なのでしっかり交渉しましょう!

保証会社加入料:優先度中

保証会社加入料は家賃保証会社に払うお金です。

家賃保証会社とはもしも家賃が払えない際には家主に家賃を払うという保険です。

 

昔は家賃保証会社の代わりに連帯保証人をつけるのが一般的でしたが、最近では家賃保証会社の方が一般的になりつつあります。

パチロー
パチロー
これも礼金みたいに違和感が・・・。これはそもそも家主が払うべき保険なんじゃ・・・?

 

ヒーロー
ヒーロー
鋭い指摘だね!その通りなんだけど、現状ではそういう習慣が続いているというだけなんだ・・・。

 

だいたい相場は家賃の50%程度ですが、仲介業者が上乗せしてぼったくろうとする場合もあります

相場を覚えておくとぼったくられにくくなりますよ。

火災保険:優先度中

パチロー
パチロー
火災保険はこれにしろって指定されてるんだけど・・・。

 

ヒーロー
ヒーロー
火災会社は基本的に自分で選んでいいんだよ!

火災保険は加入義務はありますが、どの保険に入るかは自分の自由です。

自分で保険に入るとしっかり伝えましょう。

 

大家さんや不動産会社は保険会社からマージンをもらっている場合があり、必ずしも最適な保険を提案しているとは限りません。

またミドルマンが増えると何かしらの手数料が増えるというのは想像できると思います。

 

自分で保険を選んで費用を削減しましょう!

保険については下記の記事でも触れています。(目次から一番下の項目へ飛べます。)

【賃貸向け】入居後でもOK!家賃と火災保険の見直しで住居の固定費を節約する方法【交渉のコツ】 こんなお悩みを解決します! \お金の知識を身に付けろ!/ お金のパーソナルトレーニング無料体験に...

ハウスクリーニング:優先度中

ハウスクリーニングというのはワックスをかけるなどの部屋の清掃です。

クロスの張り替えなどとは違うので注意しましょう。

 

とりあえずハウスクリーニングは不要だと伝えましょう。掃除くらい自分でさっとすれば良いですからね。

またクロスの張り替えなどは前に住んでいた人が払っているはずです。

 

私たちも退去時にお金を払うはずなので、入居時と退去時に二重に取られないように気をつけましょう

鍵交換費用

鍵交換費用は前の鍵から新しい鍵に交換するための費用です。

こちらも自分で手配すると言ってみましょう。

 

これだけで1-2万円節約できます

自分で手配したら1万円以内、仲介業者に頼むと2・3万円くらいと覚えておきましょう。

 

ただし、防犯上の理由で絶対大家さん側でします、という場合もあるのでその場合は諦めるしかないでしょう。

とはいえ交渉しても何か減るわけではないので積極的に交渉してみましょう。

害虫駆除・室内消毒

害虫駆除と聞くとたいそうなことに聞こえますが、やってることはせいぜいスプレー式の殺虫剤をまくくらいです。

特にマンション・アパートの場合は隣人がいるのでそんなたいそうな害虫駆除をできるわけがありません。

 

こちらも不要だと伝えて、不安なら自分で市販の殺虫剤を買ってきて自分でやりましょう。

 

実は害虫駆除・室内消毒はぼったくりだと問題になることもあり、酷い時は何もしないでお金だけ取っている場合もあります。

 

そんなぼったくりの温床になっている害虫駆除・室内消毒は強く断りましょう。

 

ヒーロー
ヒーロー
色々紹介してきたけど、基本的に家主が必須というのは外しにくいよ。一番注意するべきなのは仲介業者の中抜き!最低限そこだけは抑えておこう!

その他交渉できること

色々紹介してきましたが、最後にその他交渉できることを紹介しておきます。

主に下記の三つです。

  • フリーレント(1ヶ月間家賃無料)
  • 付帯設備(エアコンなど)
  • キャッシュバック

フリーレントは元々条件に入れている場合もありますが、なくても一応交渉してみましょう。

自分から言わないと相手から提案してくることはないと思いましょう。

 

付帯設備については出来るだけ色々大家さん持ちにしてもらうことで将来の支出を節約できます。

特にエアコンは壁に穴を開けたりするので大家さんがやってくれる場合が多いです。

 

キャッシュバックについてはすでに説明した通りです。

仲介業社はキャッシュバックを出してでも契約数を取りたいはず。同じ物件で別の仲介業者がキャッシュバック出してたらそちらに取られてしまいますからね。

交渉の余地ありです!

 

引越し代を節約しよう!

パチロー
パチロー
家賃とか敷金とか以前に引越しに結構お金かかるんだよね・・・。

 

ヒーロー
ヒーロー
そうだね〜。引越しは時期を選んだり安い業者を選んで節約してみよう!

引越し代を節約するポイントは以下の2点です。

  • 繁忙期(3・4月)を避ける
  • 安い引越し業者を利用する

 

引越しをする時期を選べない人もいると思いますが、もし選べるなら繁忙期を避けましょう。

繁忙期は引越し代も高く、家賃交渉なども難しくなりますからね。

 

また安い業者を選ぶためには必ず複数社見積もりを出しましょう。

大手の引越し会社は高い傾向にあるので地域密着型の会社があればベターですね。

 

引越しの複数社見積もりは下記の引越し達人セレクトなどを利用するといいですよ!

>>簡単無料一括見積もりはこちら!

まとめ:賃貸物件を安く借りる方法

ヒーロー
ヒーロー
最後に簡単にまとめておくね!
まとめ
  • まずは自分で調べることが大事!
  • 家賃の相場と仕組みを知ろう!
  • 仲介業者の中抜きに注意!
  • ミドルマンを減らすとなお良し!(自分でできる分は自分でする)
  • 繁忙期は避けよう!
  • 仲介業者や引越し業社は必ず複数社見積もりを!
パチロー
パチロー
少し意識するだけでもだいぶ変わりそうだね!

 

ヒーロー
ヒーロー
うん!まずは自分で色々調べてみることから始めよう!

 

\引越しの際には必ず一括見積もり!/
【賃貸向け】入居後でもOK!家賃と火災保険の見直しで住居の固定費を節約する方法【交渉のコツ】 こんなお悩みを解決します! \お金の知識を身に付けろ!/ お金のパーソナルトレーニング無料体験に...
家計の節約はまず固定費を削ろう!毎月〇万円節約できる方法 \お金の知識を身に付けろ!/ お金のパーソナルトレーニング無料体験に申し込む! 住宅費(家賃...
ABOUT ME
ノマドFPヒーロー
ノマドFPとはネット上で気軽に相談出来るFP(ファイナンシャル・プランナー)=お金の相談員です。お金の事が大好きで日々お金の勉強をしています。節約・収入アップ・資産運用を中心にお金に強くなる情報を発信しています。