副業・ビジネス

夢の配当金生活!?株だけじゃない不労所得27種類

この記事を読むのに必要な時間は約 22 分です。

不労所得って憧れますよね?年金の様に定期的にお金が入ってくると経済的にも精神的にも安定します。不労所得を作ってしまえば、セミリタイヤ出来たり、より豊かな暮らしが可能になります。そこで当記事では不労所得の種類について解説します。
*長い記事なので時間がない方はサラッと目次をチェックしてみて下さい。

そもそも不労所得とは?

不労所得というと全く働かずにお金を稼ぐ様なイメージがあるかもしれませんが、実際は少し違います。不労所得は英語ではPassive incomeと言い、直訳すると受動的な所得という意味です。つまり、自分自身が実務に積極的・直接的に介入しなくても発生し続ける所得のことを不労所得といいます

不労所得を得るためにはお金、または時間を投資する必要があります。不労所得は何もせずに得られるものではないことは理解しておきましょう。

不労所得27種

王道投資系

 

インデックスファンドで世界分散投資(投資信託)

インデックスファンドとは金融機関が定めた指数に一致する様に運用される投資信託です。日本の株式指数で有名なのは日経平均株価やTOPIXです。

日本だけでなく、世界中の株式からできている指数(インデックス)があります。それに一致する様に運用されているインデックスファンドに投資しましょう。例としては楽天全世界株式インデックスファンドという投資信託があります。

世界経済インデックスファンドのメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット

  • 長期で年利平均5〜7%(インフレ調整後)が期待できる。
  • 世界中で上場している株式に分散投資できる
  • 個別株と違い、倒産リスクがない
  • 手間がかからない

デメリット

  • 元本は保証されず、短中期的に赤字になる場合もある
  • いわゆるテンバガー(短期で株価が10倍になる様な銘柄)の様な飛躍的なリターンはない

インデックスファンドとはいえ、投資対象は株式です。当然リスクが伴います。積極的にリスクを取りたくない方は債券のインデックスファンドもあるので、株式と債券に半々で投資するなどして、リスクを抑えてみましょう。

また、つみたてNISAやiDeCoなどの非課税・税優遇制度をうまく活用してみるといいですよ!

高配当株式に投資

高配当の株式に投資をすることで、株数を減らすことなく収入を得ることができます。高配当の定義は様々かと思いますが、配当利回り3%以上を目安にするといいと思います。高配当株式のデメリットは減配リスクがあることです。配当金は保証されていません。なので投資している会社が配当金を払い続けられるかしっかりとチェックする必要があります。また個別の株式は倒産リスクもあるので、より一層注意が必要です。

配当金目当ての投資では米国株式がオススメです。米国には長年増配を続けてきた企業がたくさんあります。リーマンショックの時も増配を続けた企業もたくさんあるので心強いです。米国株式は国内株式に比べて税金面で不利な点がありますが、減配してしまったら元も子もないので、税金を加味しても米国株式への投資をオススメします。

それでは高配当株式投資のメリット・デメリットをまとめてみます。

メリット

  • 定期的に配当金が支払われる
  • 株数を減らす必要がない(収入のために株式を売る必要がない)
  • 配当金収入は予想しやすい
  • 配当金目当てなので株価に一喜一憂する必要がない

デメリット

  • 減配リスクがある
  • 個別株なので倒産リスクがある

国債に投資する

国債とは国にお金を貸して利息を貰う投資のことです。株式よりリスクが小さい反面リターンも小さくなります。

現状日本国債は利回りが非常に低いので、かなりお金が余っている方で、資産を守りたい人以外にはオススメできません

少しリスクを許容できる方には米国債がオススメです。米国では2018年11月現在金利が上昇中で、金利が3%台です。米国債はドル建てで元本保証です。円建てでは為替の影響で元本毀損リスクがあります。

投資を少ししている方は知っているかも知れませんが、金利平価説という為替変動の理論があります。簡単に言うと日本国債と外国の国債のリターンは金利差に関わらず最終的に同じリターンになるという理論です。(金利差分為替が調整される)

しかし歴史を振り返ると金利平価説の理論通り行っていないのが現実で、USドルは信頼も高く非常に安定した通貨です。為替リスクはありますが、比較的安心して投資できる投資対象です。また、皆さんは給料を日本円で貰っていると思うので、投資資産としてドル建て資産を持つことにも意義はあります

それに対し、米国以外の通貨は安定しない場合も多いので特に新興国の債券への投資はオススメしません。(トルコ・ブラジル・南アフリカなど)
利回りは高いですが、その分インフレ率が高いので相殺されます。注意しましょう。

それでは国債投資のメリット・デメリットをまとめます。

メリット

  • 確定した利息がもらえる
  • 元本保証(それぞれの国の通貨ベース)
  • 発行元が国なので安心(日本や米国の場合)

デメリット

  • 株式に比べリターンは小さい
  • 外国の国債は場合為替リスクがある
  • 満期までお金を引き出せない(解約すれば可能)
  • 新興国国債はリスキー

FXでスワップポイントを稼ぐ

スワップポイントとは簡単に言えばFXの利息の様なものです。2国間の金利差分を支払う、または受け取ります。スワップポイントはほぼ毎日発生します。金融機関の休日などは発生しませんが、後で延長分が発生します。

日本は低金利なので、高金利の通貨を買うとスワップポイントを稼げます。FXではレバレッジをかけることができるので、大きく稼ぐ事が可能です。その反面、レバレッジにはリスクが伴うので注意しましょう。

また、特に新興国通貨は値動きが激しいのでスワップポイント目的では難しそうです。USドルの様な安定した通貨で、危なくない範囲でレバレッジをかけるのが良さそうですね。

それではFXスワップポイントのメリット・デメリットをまとめます。

メリット

  • 利息の様にスワップポイントを得られる。
  • ほぼ毎日スワップポイントが発生する
  • レバレッジをかけられる

デメリット

  • 元本保証はない
  • レバレッジによるリスクの増大
  • 通貨ペアによってはスワップポイントの支払いが生じる

ロボアドバイザーで投資

ウェルスナビの様なロボアドバイザーを使えば、全自動で資産運用ができます。

ウェルスナビの場合はリスク許容度を診断して、それぞれのリスクに応じた最適なポートフォリオを組んでくれます。全世界の株式・債券・金・不動産と幅広いアセットクラスに投資可能です。

自動積立もできるので貯金する感覚で投資できますね!また、自動で節税対策もしてくれます。忙しくて自分で資産運用できない方や投資の勉強をしたくない方にオススメです。

メリット

  • 全自動でとにかく手間がかからない
  • 自分のリスク許容度に合わせて運用できる
  • 投資知識なしでもOK!
  • 貯金感覚で積立できる

デメリット

  • 手数料(信託報酬)が毎年かかる
  • NISAやiDeCoに対応していない

土地活用系

家賃収入

不労所得の代表格ともいえる家賃収入です。戸建・アパート・マンションなどを貸して家賃収入を得ます。

上手くいけば半永久的に収入が入ってくる反面、空室リスクや自然災害リスクなどがあります。また借入金を使って投資する場合金利上昇もリスクになります。

不労所得といえども、アパートやマンションを丸ごと経営するとなると、不労所得とは言えませんね。仕事を外注するなどして不労所得化する事が可能です。そこは経営手腕が問われます。

サラリーマンは与信を使って低金利でローンを組めるので不動産投資は非常に相性がいいです。また、相続で両親の家が空き家になってしまった場合なども活用できそうですね。

アパート経営に興味がある方はまずは賃貸経営プランを無料請求してみましょう。
「教えて!土地活用」では優良企業73社から無料で資料請求することができます。まずは自分に合ったプランを探してみましょう。

初めてでも安心のアパート経営-安心と信頼の優良企業を一括比較/教えて!土地活用

メリット

  • 上手くいけば半永久的に家賃収入が得られる
  • 借入金で運用できる
  • 社会的信用が得られる
  • 金融機関・税理士・弁護士など様々な分野の人々と交流できる

デメリット

  • 空き室リスクがある
  • 自然災害リスクがある
  • 借入金リスクがある(借金返済は大変!)
  • 金利上昇リスクがある
  • 管理に手間がかかる場合がある

REIT(リート)に投資する

リートとは投資家からお金を集めて、不動産を運用するファンドで、不動産から得られる賃料や売買利益を原資とした分配金を受け取れます。投資者は間接的に様々な不動産物件のオーナーになり、分散投資をすることが可能になります。分散投資することで天災などのリスクも最小限に抑えることができます。リートは証券会社から投資することができます。

リートのイメージ

*画像出典:三井住友トラスト・アセットマネジメント

メリット

  • 少額資金から投資ができる
  • 運用はプロにお任せ
  • 分散投資できる
  • 流動性が高く、すぐに換金できる

デメリット

  • 実物の不動産を所有できない
  • 運用会社の倒産リスクがある
  • 運用会社の上場廃止リスクがある

ちなみにたくさんのリートを集めた投資信託・ETF(上場投資信託)もあります(リートのインデックスファンドの様なものです)。倒産リスクなどの個別銘柄特有のリスクを排除したい場合にオススメです。

airbnb(民泊)で空き室・空き家を活用する

airbnbの様なマッチングサービスを利用すれば、空き室や空き家を民泊として活用することができます。子供が独立した後の子供部屋や実家を相続した場合など活用できそうですね。

メリット

  • 設備投資がかからない
  • 手軽に始められる
  • 空き家・空き部屋を活用できる
  • 外国人を含む様々な人と交流できる

デメリット

  • 利用者に部屋を汚されるなどのトラブルが発生する場合がある
  • 近隣住民から苦情が来る場合がある
  • 役所に民泊開業の申請を出す必要がある

自動販売機を設置する

人通りが多い場所に土地を持ってるなら自動販売機を設置してみるのもいいかもしれません。管理は飲料水会社に任せて完全に不労所得にしてしまうことが可能です

デメリットは電気代は自己負担という点です。電気代は数千円程度なので、人通りが多い場所なら赤字になるリスクも小さいでしょう。

コインランドリー経営

コインランドリーは密かな成長市場です。「物を所有しない」若者が増えている影響かもしれません。立地が良ければリピーターを獲得でき、在庫や管理なども必要ないので、労力のかからない不労所得になり得ます。

メリット

  • リピーターを獲得しやすい
  • 従業員不要で、管理が楽
  • 在庫が不要のビジネス

デメリット

  • 初期投資が必要
  • 定期的なメンテナンスが必要
  • 他店との差別化が難しい

月極め駐車場・コインパーキング

車の通りが見込める場所に土地を持っている場合は駐車場経営がオススメです。業者に管理委託をすることで、不労所得化することができます。駐車場経営は立地が物をいいます。どのくらいの車の行き来があるかや周りに商業施設がどのくらいあるかなどリサーチしてみましょう。

メリット

  • 初期投資が少ない
  • 管理が楽
  • 撤退・転用が簡単
  • 老朽化や天災リスクが小さい

デメリット

  • 土地の運用効率は低い
  • 節税効果が薄い
  • 需要が少なくなる場合がある

駐車場シェアリング

駐車場シェアリングとは今駐車したい人と駐車場スペースが余っている人をマッチングするサービスです。自宅の駐車場スペースが余っていたり、日中使っていないということはありませんか?また月極め駐車場でまだ契約が決まっていないスペースはありませんか?余分な駐車スペースをアプリで登録するだけで簡単に駐車場シェアリングを始められますよ!

メリット

  • 初期費用・設備・ランニングコスト不要
  • スマホだけで登録可能

駐車場シェアリングは「特P」で始められます。登録して放置しておくだけで稼げるので早速始めてみましょう!

倉庫・トランクルーム

更地に屋外コンテナを立てたり、建物の中を区切って倉庫として提供する土地活用です。一度集客できてしまえば長期的に収益を上げられます。

メリット

  • 利益率が高い
  • 管理に手間がかからない
  • 日当たり、騒音などの問題がない
  • クレームが発生しにくい

デメリット

  • 集客が難しい
  • 節税面でメリットが小さい
  • 担保にすることができない

太陽光発電

近年急速に普及した太陽光発電は比較的安定した収入が期待できます。初期投資が大きくかかるので利回りをしっかり計算することが大事です。

メリット

  • 再現性が高い
  • 収益が安定する
  • 節税制度を利用できる
  • 田舎の土地などを活用できる

デメリット

  • 初期費用がかかる
  • 売電価格の変動がある
  • 反射光のクレームがある
  • 投資額の回収に時間がかかる

太陽光発電は安定した収益が望める反面、設置するまでにしっかりとした勉強が必要です。多くの太陽光業者ではそれぞれ設置や売買に特化していて、その他の知識は自分で身につけて臨む必要があります。

 

ひなた発電所では土地仕入れ、調査から販売、設置、アフターフォローまで ワンストップで行います。売買だけでなく、しっかり投資のリスクリターンを相談して、丁寧にプロセスを勧めてくれます。まずは無料のセミナー動画や資料を見て、太陽光発電の一連の流れを勉強してみてください。

オルタナティブ投資系

ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングとはネット上でお金を借りたい人・企業とお金を貸したい人・企業をマッチングするサービスです。通常の株式投資とは違い、上場していない様々な企業に投資できることから、オルタナティブ投資として注目されています。

メリット

  • 高利回り
  • 少額から投資可能
  • 分散投資が可能
  • 短期〜長期の貸出期間が選べる
  • 公開株式のように値動きを気にしなくていい

デメリット

  • 元本保証がない
  • 倒産リスクがある
  • 中途解約できない
  • 利回りは確定ではない
  • 安心な案件を選ぶための目利きが必要

ソーシャルレンディングはクラウドクレジットで1万円から始められます。最高利回りは13%で非常に魅力的な案件も見つかりそうです。是非登録して案件を確認してみて下さい。

小さな会社を買う

会社を買うというととんでもない話に聞こえますが、実際300万〜1000万程度で買える会社は存在します。会社の後継問題などを抱えていて割安で売り出す会社もあるようです。

中小企業は大企業と比べると、非効率的・全時代的な経営をしている場合も多々あります。それで利益を出している会社もあります。そこで大企業の管理職などで養った最先端のビジネス力を生かして小さな会社の社長になるというのは実現可能な話です。定年後のセカンドライフとして社長に転身するのもありかもしれません。

個人が買える会社はM&Aマッチングサイト「TRANBI」で探せます。まずは自分の得意分野をのぞいてみましょう。

個人向けM&Aに興味がある方は三戸政和氏著書「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門」を読んでみて下さい。投資をする前にまず理解を深めましょう。

アフィリエイトサイトを買う

収益が継続的に発生していてかつローメンテナンスで運用できるアフィリエイトサイトは不労所得として有力です。アフィリエイトサイトは構築・収益化までに長期間かかりますが、すでに収益が出ているサイトを購入してしまえばあとは定期的に更新・メンテナンスするだけです。ただ、サイトの管理が必要となるので、最低限のウェブ知識が必要になります。また、すでにビジネスをしている方やアフィリエイトサイトを運営している方で、親和性のあるサイトを購入して相乗効果を狙うということも可能です。

メリット

  • 継続的な収益が期待できる
  • サイトを一から構築する必要がない
  • 運用次第では収益を増やせる
  • 購入資金で節税対策ができる
  • 後にサイトを高く売れる可能性がある

デメリット

  • アフィリエイト案件が終了する可能性がある
  • Googleの検索エンジンアルゴリズムに影響される可能性がある
  • 初期費用がかかる

仮想通貨をマイニングする

近年話題になっている仮想通貨ですが、今回紹介するのは仮想通貨の「マイニング」です。マイニングとは採掘という意味で、金を採掘するように仮想通貨をマイニングします。取引所でお金で仮想通貨を買うのではなく、仮想通貨を生み出すということです

マイニングにはハイスペックなパソコンウォレット(仮想通貨を保管するための財布)マイニングソフトウェア(ネットで無料ダウンロード可能)が必要です。また、マイニングには電気代がかなりかかるので、注意が必要です。

また、仮想通貨の投資はセキュリティ対策が重要です。2018年初頭に起きたコインチェックでのNEM流出事件も仮想通貨をハードウォレット(外付けでインターネット外で保存できるウォレット)を使用していなかったことが原因の一つでした。仮想通貨に投資する場合はセキュリティをしっかりしましょう。ハードウェアウォレットはトレザーがオススメです。国内の主要仮想通貨のほとんどに対応しています。購入前の相談も行なっているので、一度検討してみてはいかがでしょうか?

メリット

  • 未経験者でも気軽に始められる
  • 元手なしで始められる
  • 完全に不労所得

デメリット

  • 電気代がかかる
  • 大きく稼ぎたい場合ハイスペックなPCなどの設備投資が必要になる
  • 仮想通貨自体のボラティリティが高い

仮想通貨のクラウドマイニング

クラウドマイニングとは投資家のお金を集めて仮想通貨のマイニングをして利益を分配する投資のことです。自分で行うマイニングに比べ、設備投資も必要なく、電気代などの経費を気にする必要もありません。取引所で現金と仮想通貨を交換するよりはスマートな仮想通貨投資ですね。

[st-cmemo fontawesome=”fa-exclamation-circle” iconcolor=”#ef5350″ bgcolor=”#ffebee” color=”#000000″ iconsize=”100″]クラウドマイニングを謳った詐欺業者も存在しています。投資する前には必ず運用会社を徹底的に調べましょう。[/st-cmemo]

メリット

  • 機材が必要ない
  • 毎日不労所得が入ってくる
  • 再投資が可能

デメリット

  • 運用会社の倒産リスクがある
  • 仮想通貨の価格下落リスクがある
  • 運用会社への手数料が発生する
  • クラウドマイニングを謳う詐欺業者も存在する

デジタル製品を売る・ライセンスする

ビデオ講座を作る

何か秀でた知識やスキルを持っていませんか?ビデオ講座を作って収益化してみましょう!

オンライン学習プラットフォームのUdemyを使えばビデオ講座を世界中で販売することができます。一度作ってしまえば購入される度に収益が発生します。追加の維持費などもかかりません。

販売されているビデオ講座は様々で、語学・楽器演奏・プログラミング・エクセルの使い方など幅広いジャンルに対応しています。ビデオ制作には時間がかかりますが、特技がある方は是非トライしてみてはいかがでしょうか?

>>世界最大級のオンライン学習サイトUdemy

スマホアプリを作る

今やスマホは当たり前の様に普及し、様々なアプリが使われています。アプリの種類は無限にあるので、アイディアは無限大です。

スマホアプリは広告費・購入代金・アプリ内課金などで収益をあげます。プログラミングスキルを持っている方は是非挑戦してみてはいかがでしょうか?

ストック写真を販売する

趣味で写真を撮っている方はいませんか?その写真を収益化できるかもしれません。

Shutterstockの様なストック写真サイトで写真を販売することができます。Shutterstockとは、ウェブサイトや各種媒体で写真を使用したい人に使用権をライセンス販売するサイトです。基本的に写真を登録して後は放置するだけです。自然の景色の写真や人物の写真など様々な写真が販売されています。

最近はスマホでも高品質な写真を取れるので、写真に興味がある方は挑戦してみましょう。

高品質の写真、動画素材『シャッターストック』

ストック音楽を販売する

ストック写真と同様、動画クリエーターなどが使える音楽を提供するのがストック音楽です。DTM(パソコンを使った音楽制作)を使える方にオススメで、曲だけでなく効果音やアンビエントサウンドの様なものもあります。こちらも一度登録するだけで収益が発生するのでオススメです。

ストック音楽はオーディオストックで販売できます。DTMが使える方はトライしてみましょう。

テンプレートを販売する

世の中には様々なソフトウェアがありますが、一から全て作業するのは大変です。Wordpressやエクセルなどでテンプレートがあれば便利ですよね?

テンプレートを作る技術がある方はテンプレートを作ってウェブサイトで販売することができます。デジタル製品なので、在庫も必要なく、元手もかからないので利益率が高くなります。自分が得意なソフトウェアでテンプレートを作れる方はテンプレート販売にチャレンジしてみましょう。

Noteで稼ぐ

Noteとは文章・画像・動画・音楽などを作るクリエーターのプラットフォームで、作品を発表して販売することができます。また無料公開して投げ銭で運用するという形式もあります。様々な収益化方法が考えられます。

  • ブログの延長で一部有料記事を販売する
  • メールマガジンの様な定期購読記事を販売する
  • 音楽クリエーターや漫画家などがNote限定コンテンツを販売する

Noteはまだまだこれから伸びていくと思うのでオススメですよ!

電子書籍を販売する

何か突出した知識があったり、面白い経験談などがあれば、電子書籍化するのもいいかもしれません。昔は出版となると資金が必要で、出版社を通さなければならず大変でした。しかし今はアマゾンのKindleで簡単に電子書籍を配信できます。Kindle Unlimited(月額制読み放題サービス)などのサービスもあり、読者の購入ハードルは下がっています。意外と簡単にマネタイズできるかもしれませんよ!

その他

アフィリエイトサイトを作る

先ほどはアフィリエイトサイトを買うのを紹介しましたが、こちらはアフィリエイトサイトを一から作ることです。収入は青天井で大きく稼げる可能性がある反面、収益化できるまでに三ヶ月〜一年近くかかります。長期的な目線を持てて、コツコツ作業できる方にオススメです。

物の貸し出しで稼ぐ(シェアリングエコノミー)

すでに紹介した物も含まれますが、自分の所有している様々な物を貸し出すことで稼ぐことができます。

シェアリングエコノミーの概念は資源の有効活用です。余っているものを有効に使って賢く稼いでみましょう!

最後に

いかがでしたか?当記事では不労所得のアイディアを紹介しました。人生100年時代と言われている現代で本業以外に収入があると心強いですよね?今回紹介した中で始められそうなものはありましたか?自分にあった不労所得を探して少しずつ作っていきましょう。

ABOUT ME
ノマドFPヒーロー
ノマドFPとはネット上で気軽に相談出来るFP(ファイナンシャル・プランナー)=お金の相談員です。お金の事が大好きで日々お金の勉強をしています。節約・収入アップ・資産運用を中心にお金に強くなる情報を発信しています。